RX100シリーズにおすすめのアクセサリーまとめ【M6対応】

僕はSONYのコンデジ「RX100M3」を使っていますが、コンパクトで画質も良く非常に気に入っています。

そしてRX100M3を使い始めてから色々アクセサリーを買いましたが、今回は買ってよかったアクセサリー、RX100シリーズと相性のいいものをまとめてみたので紹介します!

①液晶画面保護フィルム


画面を傷から守るためのシールで、ほぼ必須とも言えるアイテムです。

様々なメーカーからも販売されていますが、SONY純正から販売されている「PCK-LM15」を選びました。

ベゼル部分が黒くなっていますが、SONYロゴが印字されているので、ロゴが消されないのが特徴です。

少し厚みもあるフィルムなので保護力は高いと思います。

②アタッチメントグリップ AG-R2


RX100シリーズはコンパクトで、さらに本体が金属ボディでツルツルしているため、ホールド性があまりいいとは言えません。

そこでおすすめしたいのがSONY公式から出ている「アタッチメントグリップ AG-R2」というアイテム。

RX100シリーズの本体に装着するアイテムで、手にフィットする形状と弾力性のあるウレタンゴム(エラストマー)素材により、カメラが手に取りやすく安定した撮影が可能になります。

RX100シリーズユーザーのほとんどの方が装着している気がします。

③RICOH ハンドストラップ GS-2


RICOHのカメラ用ハンドストラップです。

**本皮だけあってとても品質が良く上品です。

またストラップには金属やプラスチックなどの素材は一切使われておらず、革と布のみで作られているので、カメラを傷付ける心配がないのもポイント。

スライド式のストッパーを自分の手首に合わせて締めると、落下防止としても期待できます。

④バンナイズ RX100シリーズ用 キャリングケース


ガジェット系のケースで有名なバッグメーカー「バンナイズ」から販売されているRX100シリーズ用に開発されたキャリングケースです。

クッション性に優れたWポリメッシュ素材が使用され保護力も高く、ベルトに装着できたり、マジックテープの開閉によりカメラを簡単に出し入れできる良ケースです。

最初はチャック式のハードポーチを使っていたのですが、出し入れも面倒で、腰への装着もできなくてあまり使勝手がいいとは言えませんでした。

RX100シリーズはやはり小さいボディで、どこでも持ち運んで好きなときに気軽に撮影ができるカメラなので、腰に装着してサッと取り出せるバンナイズのケースのほうが相性がいいと感じています。

⑤ミニ三脚「Manfrotto PIXI」


コンパクトなミニ三脚「Manfrotto PIXI MTPIXI-B」です。一般的な三脚とは違い髙さがないので、卓上や低いところから撮影するときに向いています。

一般的な三脚よりも格段にコンパクトなので、コンデジのRX100シリーズとの相性が抜群!

卓上に置いたときでも角度調整して撮影できますし、夜景もぶれずに安定して撮れます。

またこのManfrottoは、折りたたむと自撮り棒のように持ち手になるので、自撮りや手に持って動画を撮るときにも便利です。

最後に

RX100シリーズはコンパクトでどこでも持ち運びやすいコンデジなので、アクセサリーも小型で使勝手を犠牲にしないものと相性がいいと思いました。

ミニ三脚は利用シーンによりますが、フィルム、グリップ、ケースは、傷、落下防止や使勝手が向上するのでおすすめです!


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!