【レビュー】MonoMax 9月号付録「Incase 万能ケース」MacBookに最適!

雑誌の付録が最近話題になっていますが、モノ雑誌「MonoMax 9月号」には、あのAppleユーザー御用達の「Incase (インケース)」のPCケースが付録!

ちょうどMacBookだけを入れられるコンパクトなPCバッグが欲しかったので、この機会に購入してみました!

ラコタ
しかも、980円(税込)という破格の値段…!

MonoMax 9月号付録「Incase 万能ケース」レビュー

MonoMax Incase

雑誌の付録

MonoMax Incase
雑誌の袋なので、雑誌と同じサイズのダンボールの中に収納されています。

外観

MonoMax Incase
MonoMax Incase
ダンボールの中に二つ折りで収納されているので、真ん中の折り目が最初は目立ちますが、しばらく使っていると徐々に目立たなくなってきます。

MonoMax Incase
持ち手の部分や、細かなところはややチープさを否めませんが、980円ということを考えれば許容できると思います。

ポケットが多く、収納力抜群!

MonoMax Incase
バッグのチャックを開けると、ガバっと全開に開きます。

中はオシャレなオレンジカラー!
ガジェット品は黒い色のものが多いので、明るいオレンジ色のポケットだと、収納したものが目立ってわかりやすくていいですね。

多少のクッション性もある

MonoMax Incase
雑誌の袋だからとペラペラな生地ではなく、薄いですが多少のクッション性もあります。

ただしZEROSHOCKなどの保護力の高いケースと比べると、やや頼りなさを感じるので、しっかり保護したい方はそれらを使ったほうが安心だと思います。

片側はPC用

MonoMax Incase
片側は大きなポケットのみで、パソコン専用となります。

僕の使っている「MacBook Pro 13インチ (2016)」を入れてみましたが、余裕で楽々入りました!

マジックテープによるバンドでパソコンを固定できるので、バッグを開けたときにパソコンが滑り落ちない工夫もされてて安心。

またネットでは「MacBook Pro 15インチ」を収納できたという報告も見たので、15インチサイズでもコンパクトならものなら収納できる可能性があります。

反対側は細かなものが収納できる

MonoMax Incase
反対側は細かなポケットがたくさん備わっているので、充電器やケーブル、モバイルバッテリーなど細かな物を収納するのに便利です。

また一番奥は広いポケットなので、iPadなどのタブレットも入れられます。

iPad pro 10.5インチは余裕で入りました。

MonoMax Incase
ラコタ
重くはなるけど、MacBookとiPad両方を一緒に収納して持ち運ぶことができる!

コンパクトで運びやすい

MonoMax Incase
パソコンがちょうど入るくらいのサイズなので、コンパクトで持ち運びがしやすいです!

パソコン、タブレット、充電器などだけを持ち運びたいときに重宝しますね。

まとめ・感想

  • ポケットが多く、充電器なども収納できる
  • ややチープ感はあるが、980円でこれはコスパ高い

多少のチープ感は否めませんが、980円と考えれば、間違いなくお値段以上な商品。

個人的には2000円くらいで販売されていてもおかしくないかなと思いました。

まだPCバッグを持っていない方に最適じゃないでしょうか?
ただし落下などの衝撃にはあまり強くなさそうでなので、保護力のあるバッグを求める方は「ZEROSHOCK」がおすすめです!


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!