第8世代Intelプロセッサを搭載した新型「MacBook Pro(2018)」が発売 !最大6コア・メモリは最大32GBまで増設可能

第8世代のIntel Coreプロセッサを搭載したMacBook Pro(2018)が登場しました!

(※Touch Barなしモデルは除く)

第8世代Intelプロセッサ搭載。

15インチモデルは一世代前のものより最大70パーセント速い6コアIntel Core i9プロセッサを搭載し、Turbo Boostで最大4.8GHzにスピードアップ。

13インチのTouch Bar搭載モデルに組み込まれたクアッドコアプロセッサは、一世代前のものより最大2倍高速に。

メモリが最大32GBまで増設可能(15インチ)

これまでのMacbook Proシリーズは、16GBまでしか積めませんでしたが、今回は15インチモデルのみ32GBまで増設できるようになりました。

「True Tone」ディスプレイ対応

ディスプレイは、輝度500cd/平方mでDCI-P3色域をサポートした「True Tone」対応となり、周辺環境に合わせてホワイトバランスを自動調整するようになりました。

最新のiPhone、iPadで採用されていましたが、今回のMacBook Proにも採用されました。

バタフライキーボードが第3世代に

MacBook、MacBook Proに採用されているバタフライキーボードですが、一部のキーボードが入力できなくなるという不具合が多くあがっていました。

今回、バタフライキーボードが第3世代になり、静粛性を高めたと記載されています。

恐らくですが、キーボードの入力問題も改善されているのではないかと思います。

今回のモデルチェンジで、MacBook Proだけでも結構な作業ができるようになったのではないでしょうか!

MacBook Pro 2016モデルから買い換えたい…

(Via・Image:Apple

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!