MacBook Pro 2018の第3世代バタフライキーボードは、やはりゴミが混入しにくくなっていることが判明

Appleがバタフライキーボードを改良したと認めた


修理担当者に宛てられたAppleの内部資料によると、新しい第3世代バタフライキーボードには、キーの下にゴミが入り込まないように、シリコン製の膜を追加したと明記されています。

iFixitがテストした結果、シリコン膜はゴミを大きく防いでくれていることが判明


iFixitが第3世代バタフライ式キーボードのシリコン膜がどの程度、ゴミの侵入を防いでくれるのかをテストしました。

ゴミや埃を再現する色のついた粒子を噴射し確認したところ、多少の粒子が侵入してはいるものの、ほとんどの粒子がシリコン膜の部分に溜まって、内部への侵入を防いでくれているのが判明しました。

これであれば、ゴミや埃によるキーボードの入力不具合は、ほぼ改善されたとみていいのではないでしょうか。

耐久性も静音性も上がった第3世代バタフライキーボード最高じゃないか…!

(Via・Image:iFixit9to5Mac

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!