【朗報】「MacBook Pro 2018」のCPU問題はアップデートで改善された模様

「MacBook Pro 2018」15インチ Core i9を搭載搭載してモデルで、CPUの動作クロック数が安定しないスロットリング問題が問題になっていました。

しかしこの問題は、7/25にリリースされた「macOS High Sierra 10.13.6」のアップデートをでほとんど解決されたとみてよさそうです。

アップデート後、CPU動作クロック数が安定


実際にアップデートを適用したユーザーからも、CPU動作クロック数が安定して、本来の性能が発揮できるようになったと報告があがっています。

グラフを見るとわかりますが、アップデート前は動作クロック数が不安定だったのに対し、アップデート後はクロック数が一定で安定しています。

これでCore i9のパワフルな性能をフルに活かせますね。

(Via・Image:CNET


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!