【比較】MacBook Pro 13 エントリーモデル(2019)とMacBook Air(2019)はどちらがおすすめ?【ベンチスコアも】

2019年7月に、エントリーモデルのMacBook Pro 13インチモデルと、MacBook Airがモデルチェンジして登場しました!

どちらも似た機種になりますが、両機種の違いと、どちらがおすすめなのかをまとめてみました!

「MacBook Pro 13(2019)」と「MacBook Air(2019)」スペック・価格表

MacBook Pro 13 (2019)
エントリーモデル
MacBook Pro 13 (2019)
エントリーモデル
MacBook Air
(2019)
MacBook Air
(2019)
ディスプレイ 13.3インチ 13.3インチ 13.3インチ 13.3インチ
CPU Core i5 4コア
1.4Ghz(Turbo Boost 3.9GHz)オプション:
Core i7 4コア
1.7Ghz(Turbo Boost 4.5GHz)
Core i5 4コア
1.4Ghz(Turbo Boost 3.9GHz)オプション:
Core i7 4コア
1.7Ghz(Turbo Boost 4.5GHz)
Core i5 2コア
1.6Ghz(Turbo Boost3.6GHz)
Core i5 2コア
1.6Ghz(Turbo Boost3.6GHz)
GPU Intel Iris Plus Graphics 645 Intel Iris Plus Graphics 645 Intel UHD Graphics 617 Intel UHD Graphics 617
メモリ 8GB
2,133MHz LPDDR3オプション:16GB
8GB
2,133MHz LPDDR3オプション:16GB
8GB
2,133MHz LPDDR3オプション:16GB
8GB
2,133MHz LPDDR3オプション:16GB
SSD 128GB SSD

オプション:
256GB
512GB
1TB
2TB

256GB SSD

オプション:
512GB
1TB
1TB
2TB

128GB SSD

オプション:
256GB
512GB
1TB

256GB SSD

オプション:
512GB
1TB
1TB

価格 139,800円~ 159,800円~ 119,800円~ 139,800円~

「MacBook Pro 13 2ポート(2019)」と「MacBook Air(2019)」の違い

【CPU】Proは4コア、Airは2コア

MacBook Pro 13 (2019)
エントリーモデル
MacBook Air
(2019)
ディスプレイ 13.3インチ 13.3インチ
CPU Core i5 4コア
1.4Ghz(Turbo Boost 3.9GHz)オプション:
Core i7 4コア
1.7Ghz(Turbo Boost 4.5GHz)
Core i5 2コア
1.6Ghz(Turbo Boost3.6GHz)
ベンチマーク(シングル) 4441 4306
ベンチマーク(マルチ) 16165 7867

CPUのコア数が違い、MacBook Proは4コア、MacBook Airは2コアとなります。

ベンチマークスコアを見ると、シングルではそこまでの差はないのですが、マルチになると2倍以上の性能差があるのがわかります。

軽い作業がメインならAirでも問題ないですが、動画編集などの重たい作業をされる場合はProを選んだ方がいいと思います!

全て税抜きの価格です。
ベンチマークスコアは、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)さんの記事のデータを使わせてもらいました。

Touch Barの有無

MacBook Pro 13 (2019)
エントリーモデル
MacBook Air
(2019)
Touch Bar ×
Touch ID

MacBook Proではファンクションキーの代わりに、Touch Barというタッチパネルのディスプレイが搭載されています。

これまでのMacBook Proは、15インチとエントリーモデルを除く13インチモデルに搭載されていたのですが、2019年モデルのMacBook Proでは全モデルにTouch Barが採用されました。

反対にMacBook AirにはTouch Barは非搭載で、物理キーのファンクションキーが採用されています。

指紋認証のTouch IDはPro、Air両機種どちらにも搭載されています。

【SSD】Proは最大2TBまで拡張可能

ProはSSDの容量を最大2TBまで拡張可能ですが、Airは1TBまでとなります。

1TB以上の容量が必要であればProがいいですね!

画面はProのほうが少し優れている

MacBook Pro 13 (2019)
エントリーモデル
MacBook Air
(2019)
サイズ 13.3インチ 13.3インチ
解像度 2,560 x 1,600ピクセル 2,560 x 1,600ピクセル
高度 500ニトの輝度 400ニトの輝度
色域 広色域(P3) 標準色(フルsRGB)
True Tone

両機種とも同じ画面サイズですが、MacBook Proのほうが少し優れたディスプレイを採用しています。

色域は標準色よりも広い、広色域(P3)で、高度も少し明るくなっています。

ルック
ただ横に並べて比較しない限り、そこまで違いはわからないかも?

本体サイズの厚さと重量が違う

MacBook Pro 13 (2019)
エントリーモデル
MacBook Air
(2019)
高さ 1.49 cm 0.41~1.56 cm
30.41 cm 30.41 cm
奥行き 21.24 cm 21.24 cm
重量 1.37 kg 1.25 kg

横、奥行きのサイズは両機種ともまったく同じサイズになるのですが、MacBook Airはくさび形で手前のほうは細くなっているので、厚さと重量が少し軽くなっています。

ただ厚さ以外のサイズは同じで、約100gしか違わないので、必要な性能で決めるといいと思います。

まとめ

  • CPUのコア数が違う
  • Touch Barの有無
  • Touch IDは両機種とも搭載
  • Proのほうがやや優れたディスプレイ
  • 大きさ、重量はAirのほうが薄く、少し軽い

エントリーモデルの「MacBook Pro 13(2019)」と「MacBook Air(2019)」を比べてみましたが、Mac Book ProはProという名前を背負っているだけあり、Airよりも高性能なCPUやTouch Barを搭載していたりと有利な部分が結構あります。

ルック
個人的にはAirはProと厚さ以外のサイズは変わらないのと、重さも100g程しか差がないので、性能の高いProのほうがおすすめだと思いました!

これまでのMacBook Proのエントリーモデルから比べると、CPUが4コアになったり、Touch Barが搭載されたりと、結構コスパの高い機種です。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!