【レビュー】「Kindle Paperwhite (2018Newモデル)」目に優しい読書最強端末

「iPhone」「iPad」を使ってAmazonの電子書籍「Kindle」で読書をする毎日を送っていますが、紙媒体で読むよりも目が疲れやすいと感じます。

そこで、限りなく紙に近い表示が可能で、目に優しい「Kindle Paperwhite (第10世代)」という電子ペーパーを買ってみたのでレビューしたいと思います!

特徴

  • 読書に特化した端末
  • E-Inkディスプレイで目に優しい
  • 300ppiの高解像度
  • フロントライト搭載で暗い場所でも読める
  • 防水対応でお風呂でも利用可能
  • ストレージ容量が8GB/32GBに
  • セルラーモデルは3Gから4Gに
  • 広告なしモデルは+2000円

Kindle Paperwhite (第10世代・2018年モデル)

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
Kindle Paperwhite 2018Newモデル
購入したのは、Kindle Paperwhite (第10世代・2018年モデル)のWi-Fi・32GB・広告なしモデルです。

パッケージがコンパクトで有名なApple製品以上にコンパクトです。

Amazonの箱でしっかり梱包がされて送られてきたので、Amazonの梱包技術があってこそ実現したパッケージなのかもしれませんね。

セット内容

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
  • Kindle Paperwhite本体
  • 充電用USBケーブル
  • 取扱説明書

セット内容もとてもシンプルで、「Kindle Paperwhite本体」と充電用USBケーブルのみです。

充電

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
充電端子はMicro-USB端子が採用されており、付属のケーブルで充電できます。

USBケーブルのみしか付属してないため、AC充電器を別途用意するか、パソコンなどに繋いで充電する必要があります。

またUSB-Cではないので、最近一般的になってきたスマートフォンやMacBookとの共有はできません。

外観

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
Kindle Paperwhite 2018Newモデル

画面には「電源の入れ方」の表示があり、「説明書きのシールが貼ってあるのかな?」と思っていたのですが、これはシールではなく画面に表示されている…!?

電子ペーパーは一度表示させてしまえば常時表示させていてもバッテリーを食わらないので、それでこのようなことができるようです。

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
電源ボタンを押してスリープにさせると、様々なイラストが表示され、次に立ち上げるときまで常時この画像が表示された状態になります。

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
裏面は滑りにくいマット仕上げなので、安定して手に持つことができます。

また「Amazon」のロゴも大きくありますが、掘られているだけなのでそんなに目立ちません。

絶妙なサイズ

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
スマートフォンと一般的なタブレットの中間くらいのサイズなので、本を読むには絶妙なサイズです。

文庫本より少しだけ大きいサイズなので、取り回しも楽で自由な姿勢で読むことができます。

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
「iPhone XS」と並べても、そこまでのサイズ差はないですよね。

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
10.5インチの「iPad Pro」と比べると大きさがかなり違います。

「iPad mini」よりもひと回り小さいですね。

本体は超軽量で疲れにくい

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
薄さ8.18mm、重さ182g (Wi-Fiモデル)と、とても軽量なので片手で持っても疲れにくく、読書に集中することができます。

仰向けになりながら手で持って使っても結構いけちゃいます。

フィルムを貼っているせいか写真ではほんの少し重くなっています

「E-Ink」で目にめちゃめちゃ優しい

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
「E-Ink」は、ディスプレイ内部に白と黒の粒子が入ったマイクロカプセルが敷き詰められているのですが、これらの粒子を電界によって移動させることで文字や画像を描画する仕組みです。

初めて電子ペーパーを使ってみましたが、本当に紙を見ているかのような錯覚に陥るほど…!

また解像度は300ppiと、きめ細かく、紙の本のようにシャープで美しい文字を表示します。

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
Kindle Paperwhite 2018Newモデル
iPadでの表示と見比べてみましたが、「iPad」では液晶画面になるので反射やギラつきのようなものを感じていましたが、「Kindle Paperwhite」ではそれがまっくなく、電子機器というよりも紙媒体を見ているかのようでした。

文字のサイズ・フォントを自分好みに変えられる

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
スマートフォンやタブレットのKindleアプリと同様に、文字のサイズやフォントを自由に変えることができます。

とくに視力が弱い方には文字を大きくすることですごく読みやすくできます。

フロントライト採用で優しい光

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
スマートフォンやタブレットの画面は、バックライトで目に向けて放ち発光しますが、「Kindle Paperwhite」はフロントライトを採用し、目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので目に優しいのです。

暗い部屋でも読みやすいだけでなく、目に優しい夢のような画面…!

外でも読みやすい

電子ペーパーは、明るい外でも読みやすく、また「Kindle Paperwhite」の画面は反射防止のアンチグレア画面なので、光の反射がほとんどありません。

防水対応でお風呂読書ができる

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
「Kindle Paperwhite」はIPX8等級の防水機能対応で、真水で水深2メートルまで最大60分耐えられます。

これにより、お風呂に持ち込んで、入浴しながら読書することができるんです。

ルック
半身浴をしながらな読書は最高です

バッテリー持続時間が半端ない

フロントライトでのバッテリー消費はありますが、電子ペーパーは、表示の切り替えのときに電気を消費するだけで、それ以外では一切電気を食わないため、一度表示した画面は常時表示させておいてもバッテリー消費はないんです。

そのため一般的なスマートフォンやタブレットよりも圧倒的にバッテリーの持続時間が長いです。

メーカー基準では、一度の充電で数週間持つとか…!(※一日30分の使用)

漫画や雑誌も読める

Kindle Paperwhite 2018Newモデル
文字だけでなく、漫画や雑誌なども読むことができます。

漫画はとくにおすすめで、サイズとE-Inkとの相性が抜群です。

雑誌は白黒の表示になることと、画面サイズが小さいことを考えると、あまり向きません。

使ってみてよかったこと

全然目が疲れない

やはり使ってみて思ったことは、「iPhone」「iPad」で読書するよりも明らかに目の疲れを感じにくくなりました。

フロントライトなので、画面の光が目に刺さるような感じもなく、画面の上から柔らかな光でを当てているような感じです。

まったく疲れないというわけではなく、紙媒体での読書と同等くらいには疲れます。

ところが、「Kindle Paperwhite」は、フォントや文字の大きさ、太さを自由に変えることができるので読みやすいです。

こんなに変わるのなら、もっと早くから買っていけばよかったと後悔も…(笑)

絶妙なサイズ・軽さ

サイズ感が本当に絶妙で重さも感じないので、すごく読書がしやすいです。

また、最初は「太いな」と思っていたベゼルが、親指をちょうど乗せられるくらいのサイズなので、持つときも画面に触らず安定して持つことができるので、このベゼル幅がちょうどいい。
最近のスマートフォン、タブレットはベゼルレスディスプレイを採用した機種が多くなってきましたが、持ちにくくなるというデメリットもあるんですよね。

お風呂で読書が最高すぎる

防水対応なので、買ったその日からお風呂に持ち込んで読書を楽しんでいますが、お風呂での読書が快適すぎて、入浴時間が長くなりました(笑)

半身浴との相性が抜群にいいですね!

逆上せないように注意しましょう…(笑)

読書しかできないため読書に集中できる

スマートフォンやタブレットだと、読書中にメールやLINEの通知がきて読書を中断させられることがあったり、途中で気になってネットを見てしまうことがありました。

「Kindle Paperwhite」は読書しかできませんし、余計な通知などがないので、読書だけに集中できます。

ルック
本を読む速度がかなり早くなりました

ここがイマイチ

反応が少し遅い

E-Inkの性質上仕方ないことですが、ページ送りなど画面の表示の切り替えに多少の時間がかかります。(1秒くらい?)スマートフォンやタブレットに慣れていると最初は違和感があります。

ただ従来の「Kindle Paperwhite」よりも処理性能が向上していて、性能不足で反応が遅いという感じではありません。

ルック
数時間使えば慣れます

micro USB

「micro USB」なので、最近増えてきた「USB-C」の機器とケーブルを共有できません。

ただmicro USBの機器もまだまだ多いので、完全にUSB-Cに移行できる日はまだ遠い?

「Kindle Paperwhite (第10世代)」の選び方

通信 容量 広告 価格(税込)
Wi-Fi 8GB あり 13,980円
なし 15,980円
32GB あり 15,980円
なし 17,980円
Wi-Fi + 4G 32GB なし 22,980円

ストレージ容量が8GB/32GBに

ストレージは、8GBモデルと32GBモデルが選べます。

前のモデルでは4GBだったのに対し、8GBに倍増したので、前よりも多くの本を詰めこめるようになりました。

そして、8GBモデルの4倍の容量を誇る32GBモデルでは、漫画なら約700冊、書籍なら数千冊も保存できます。

漫画は1冊のデータ量が大きいので、漫画をよく読まれる場合は、32GBモデルがおすすめです!

広告なしモデルは+2,000円

広告が表示されるモデルと、表示されないモデルがあり、広告なしモデルは+2,000円高くなります。

Kindleのアクセサリーや、おすすめの本などの広告が、スリーブ解除のときと、ホーム画面の下に表示されます。
広告は読書中の画面には表示されないので、読書の妨げになることはありません。

僕は「広告なしモデル」を選びました。

Amazonのレビューを拝見していると、「広告はやっぱり邪魔」「読書中は表示されないので気にならない」と、人によって感じ方が違うみたいですし、広告ありモデルを選ぶと、万が一広告が嫌になったときに消すことができないので、「広告なしモデル」を選びました。

「Wi-Fi + 4Gモデル」か「Wi-Fiモデル」か

「Wi-Fi + 4Gモデル」は、スマートフォンと同じように外でも通信できるモデルです。

外出先でも本をダウンロードできるので、気になった本があったら購入してすぐにダウンロードして読むことができます。

「Wi-Fiモデル」は、自宅のWi-Fiや、カフェなどのフリーWi-Fiなどがある場所でないと通信ができません。

しかし、Kindleは事前にダウンロードしておけば、ネット環境がなくても読むことができます。
またどうしても外でダウンロードしたという場合はスマートフォンのテザリング機能を利用してもダウンロードできるので、個人的には「Wi-Fiモデル」で十分かなと思います。

まとめ

  • 目の負担が激減
  • 入浴しながら読書が最高
  • バッテリーが鬼持続

初めて電子ペーパーを買ってみましたが、「こんなに違うのか!」と思うほど目に負担もなく、読書がかなりしやすくて感動しました。

また防水にも対応しているのでお風呂で読書できるのが最高です。

価格もそんなに高くないので、読書が好きな方、電子書籍をよく読まれる方は1台持っておくと捗ると思います!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!