iPhone XSユーザーが「iPhone XR」デモ機を触った感想

2018年の3台目のiPhone、「iPhone XR」が発売されましたね!

僕は「iPhone XS」を購入したので「iPhone XR」を購入する予定はありませんが、店頭デモ機をじっくりいじってきたので、その感想を書きたいと思います。

本体サイズ・画面サイズが結構大きい


「iPhone XR」は6.1インチの画面サイズとなり、「iPhone XS」の5.8インチと、「iPhone XS Max」の6.5インチとちょうど中間くらいの画面サイズです。

実際に使ってみても、本当に「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の中間くらいのサイズ感で、両機の中間サイズが欲しいと思っていた方にはジャストなiPhoneではないでしょうか。

4.7インチiPhoneからの移行は注意


しかし「iPhone 8」などの4.7インチサイズのiPhoneからの買い替えの場合は、結構サイズが大きくなるので、店頭で触ってみてから選んだほうがいいと思います。

片手での操作はかなり苦しくなるので、管理人のように片手操作に拘るなら「iPhone XS」がおすすめです。(iPhone XSでも片手操作が快適とは言えませんがギリギリ使えています)

画面は予想以上にキレイ

「iPhone XS/XS Max」は有機ELディスプレイを採用しているのに対し、「iPhone XR」は「Liquid Retina」という液晶ディスプレイが採用されています。
また解像度は「iPhone XS/XS Max」より低くなっているため、ディスプレイの質は「iPhone XS/XS Max」のほうがランクが高いと言えます。

しかし実際に見てみると、「iPhone XR」の画面も驚くほどキレイで、「iPhone XS/XS Max」と横見並べて比べても、とくに劣っているようなことはまったく感じませんでした。

むしろ有機ELディスプレイは横から見ると青みがかった色味になるのに対し、「iPhone XR」は横から見ても色味が自然なので、こちらのほうが好みの方もいると思います。

ベゼル幅は少し太く感いけど、気にならない

「iPhone XS/XS Max」よりも画面のベゼルが少し太くなります。

実際に並べて見てみると、「iPhone XR」のほうがほんの少し太いのが確認できましたが、横に並べて比べない限りほとんど気になりませんでした。

カメラはキレイ・ポートレートモードもいい感じ

これまでデュアルカメラでの機種じゃないと「ポートレートモード(背景をぼかした写真)」を撮ることができませんでした。

「iPhone XR」はシングルカメラなのですが、なんとデュアルカメラと同じようにポートレートモードの写真が撮れるんです。

試しに一緒に見に行った妻にカメラを向けたところ、しっかり背景がぼけ、普段使用している「iPhone XS」のポートレートモードと比べても遜色ないクオリティでした。

一点注意点があり、「iPhone XR」のポートレートモードは人物のみ対象となり、物などを撮ろうとしてもぼかしてくれません。

カメラの画質は、「iPhone XS」のズームレンズがないようなものなので、ズームをしなければそこまでの違いはありません。

レスポンスはサクサク

「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」にはどちらにも同じ「A12 Bionicチップ」「次世代のNeural Engine」が搭載されているので、処理性能にはほとんど差はありません。

色々なアプリを起動したり切り替えたり色々試しましたが、「iPhone XS」と同じようにサクサクでした。

ただメモリは、「iPhone XS/XS Max」が4GB搭載しているのに対し、「iPhone XR」では3GBです。

現状では3GBでも特に問題ありませんが、重たいアプリを複数起動したり、切り替えたりするシーンでは、多少差が出るかもしれません。

「3D Touch」がないので困る場合も

画面を強くことで反応が変わる「3D Touch」ですが、「iPhone XR」では搭載されていません。

キーボード入力中にカーソルを移動したり、ホーム画面でアプリのアイコンを強く押してよく使う機能を瞬時に使えたり、LINEのメッセージを既読をつけずに読むことができたりと意外と便利な機能。

しかし「iOS 12」では、「3D Touch」を搭載していないiPhoneでもキーボードの「スペースキー」を長押しすることで「トラックパッドモード」になり、「3D Touch」と同じようにカーソルを自由に動かせるようになりました。

カーソル移動は問題ないと思いますが、LINEのメッセージを既読をつけずに読みたいという方などは困るかもしれません。

まとめ

  • 性能はほとんど変わらない
  • 4.7インチiPhoneからは、結構本体が大きくなるので注意
  • 3D Touchを多用していた人は注意

以上、「iPhone XR」を店頭デモ機を軽く使ってみた感想でした。

「iPhone XR」は廉価版のように思われがちですが、実際には処理性能もほとんど変わらず、カメラの性能もズーム性能以外はほとんど同じです。

昔あった「iPhone 5c」のような性能を抑えたモデルとはまた違い、「iPhone 8」の後継機といった感じですね。

スマートフォンで本格的なことをやったり、ガジェット好きとかでなければ、「iPhone XR」で十分満足できると思います。

またカラーバリエーションも多いのもいいですよね。

ただ、サイズ感は結構大きいので、4.7インチのiPhoneから機種変更される場合は店頭でじっくり触ってから決めるといいと思います。

あと「3D Touch」が欲しい方も注意です。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!