【2019】iPhoneの選び方完全ガイド【XS/Max/XR/8/価格/容量】

ルック
iPhoneの種類が多すぎてどの機種を買ったらいいのかわからない…!

2018年のiPhoneでは3機種全てがホームボタンレスな「iPhone X」を継承したデザインとなり、これまでのiPhoneの選び方から大きく変わりました。

そこで今回は、現在販売されているiPhoneの特徴や違い、選び方をまとめてみたので、機種選びで迷われている方の参考になればと思います!

MVNOなどで販売されている「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 7」は省かせていただきます。[/aside]

「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」「iPhone 8」の違い

価格・本体容量

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR iPhone 8
64GB 112,800円 124,800円 84,800円 67,800円
128GB 90,800円
256GB 129,800円 141,800円 101,800円 84,800円
512GB 152,800円 164,800円

「iPhone XS」「iPhone XS Max」、ストレージが大容量の「iPhone XR」は普通に10万円を超えてます。

iPhone含めスマートフォンは、昔に比べると随分高くなりましたよね…

iPadも買えますし、下手するとMacBookも買えてしまいます。(モデルによりますが)

キャリアで分割払いにする方が多いと思いますが、それでも安い機種を選んだ場合と比べると、毎月数千円も負担が増えてしまいます。

ルック
iPhone 8はiPhone XS Maxの半額に近い価格で買えます。

本体ストレージ(容量)の違い

「iPhone XS/XS Max」のみ512GBの容量が選べます。

512GBというと、僕の使っているMacBookよりも多い容量…

写真や動画をたくさん保存するという方でも、128GB、256GBあれば困ることはないと思いますが、4K動画を長時間保存する方であれば512GBも活かせるのかなと思います。

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は画面サイズの違いだけ

まず機能の説明の前に重要なことがあります。

それは「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の違いは、画面サイズの違いだけで機能や性能は全く同じということです。

「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」は大きく異なる部分がいくつかあるので、下記で詳しく書いてます。

サイズの関係でバッテリーの持続時間に多少差はあります。[/aside]

ロック認証方式の違い


2018年に登場したiPhoneは全てホームボタンがなくなり、それに伴い指紋認証の「Touch ID」から顔認証の「Face ID」に変わりました。

現在でも販売を継続している「iPhone 8」はホームボタンがあり「Touch ID」が使えます。

「Face ID」はiPhoneを自分の顔に向けるだけでロック解除できるので簡単ですが、マスクをしていたり顔の一部分が隠れていたりすると認証できないというデメリットもあります。

画面サイズ・本体サイズの違い

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR iPhone 8
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ 6.1インチ 4.7インチ
高さ 143.6 mm 157.5 mm 150.9mm 138.4 mm
70.9 mm 77.4 mm 75.7 mm 67.3 mm
厚さ 7.7 mm 7.7 mm 8.3 mm 7.3 mm
重量 177 g 208 g 194 g 148 g

「iPhone XS」が5.8インチ、「iPhone XS Max」が6.5インチで、「iPhone XR」はその中間の6.1インチが採用されています。

画面が大きいほうが1画面に表示できる情報量が増えますし、写真や動画をより快適に楽しむことができますが、本体サイズと重量も増えてしまうので、片手で操作しにくくなったり、ポケットに入れづらくなってしまうというデメリットもあります。

上記3機種の中では「iPhone XS」が最も小型な機種にはなりますが、ベゼルレスのフルディスプレイのため、本体サイズのあまり変わらない「iPhone 8」と比べると、画面サイズは比にならないくらい大画面になっています。

画質の違い


「iPhone XR」「iPhone 8」は従来と同じ液晶方式のディスプレイが使われいますが、「iPhone XS/XS Max」では液晶よりも高画質と言われる「有機ELディスプレイ」が採用されています。

液晶はディスプレイはバックライトを利用しないと発光できませんが、有機ELディスプレイは自発光方式できるため、黒い表示には明かりを照らさずに明るい部分だけを光らせることができるんです。

そのため有機ELを搭載した「iPhone XS/XS Max」のほうが映像をより鮮明に映し出すことができるので、写真や動画をより高画質で楽しみたい場合はこちらを選んだほうが満足度は高いと思います。

ただ「iPhone XR」「iPhone 8」の液晶画面も十分すぎるほどキレイで、画質が荒い・悪いということは一切ありません。

ルック
個人的には見比べない限りあまりわかりません…

カメラの数・性能の違い

iPhone XS/XS Max iPhone XR iPhone 8
12MPデュアルカメラ(広角と望遠) 12MPシングルカメラ 12MPシングルカメラ
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
ƒ/1.8絞り値 ƒ/1.8絞り値
デュアル光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム 最大5倍のデジタルズーム 最大5倍のデジタルズーム
ポートレートモード ポートレートモード(人物のみ) ×
写真のスマートHDR 写真のスマートHDR 写真の自動HDR

XS/XS Max/XRでは背景をぼかした写真が撮れる(※)

「iPhone XS/XS Max」は、アウトカメラが2個あり、背景をぼかして被写体を強調した写真が撮れます。

本来であればシングルカメラの「iPhone XR」では背景をぼかしたポートレートモードは使えないはずですが、実は「iPhone XR」でもポートレートモードが使えるんです!

「iPhone XR」ではソフトウェアで被写体を認識して背景ボケ処理をすることで、シングルカメラでもポートレートモードを実現しています。

しかし「iPhone XR」のポートレートモードは人物限定で、人物以外を撮る場合には背景はぼかせません。

ルック
人物以外でも利用したい方は「iPhone XS/XS Max」を選んだほうがいいですね!

「iPhone XS/XS Max」では画質低下なしで2倍ズームができる

「iPhone XS」には2倍のズームレンズが付いてるため、画質の低下なしで2倍ズームで撮影ができます。

広角レンズしかない「iPhone XR」では、2倍ズームをしようとしても画像を拡大させているだけなので画質が低下します。

また画質は劣化しますが、最大ズーム倍率が10倍までできます。

処理性能の違い


「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」はどの機種にも最新の「A12 Bionic」が搭載されています。

過去にあった「iPhone 5c」なんかは一昔前のチップが採用されていましたが、「iPhone XR」はフラッグシップモデルの「iPhone XS/XS Max」と同じチップが搭載されているため処理性能には差がないんです。

しかし「iPhone 8」は1つ古い「A11 Bionic」が使われているので、最新機種と比べると劣ります。

しかし、今のiPhoneはオーバースペックとも言われていて、高スペックを要するゲームやアプリを使わない限りは、「A11 Bionic」でも十分すぎる性能です。

性能に拘る方でなければ、そこまで性能差には気にしなくてもいいと思います。

バッテリー持続時間の違い

iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR iPhone 8
連続通話時間(ワイヤレス) 最大20時間 最大25時間 最大25時間 最大14時間
インターネット利用 最大12時間 最大13時間 最大15時間 最大12時間
ビデオ再生(ワイヤレス) 最大14時間 最大15時間 最大16時間 最大13時間
オーディオ再生(ワイヤレス) 最大60時間 最大65時間 最大65時間 最大40時間

バッテリーの持続時間は断トツで「iPhone XR」が優れています。

インターネット利用では、「iPhone XS」と「iPhone XR」で約3時間も違いがあるんです。

iPhoneを使う頻度が多くて、1日持たないことが多い方は「iPhone XR」を選ぶといいかもしれません。

サイドフレームの材質の違い

iPhone XS/XS Max iPhone XR/8
ステンレス アルミニウム

「iPhone XR」「iPhone 8」のサイドフレームの金属素材はアルミニウムで、「iPhone XS/XS Max」ではステンレススチールが使われてます。

ステンレススチールは光沢で高級感があり強度も高いのですが、重量が重くなるというデメリットがあります。

しかし「iPhone XR」は本体サイズが大きいため、アルミニウムでも結構重量があります。

ルック
軽さを求めるなら「iPhone 8」一択です!

防水性能の違い

iPhone XS/XS Max iPhone XR/8
IP68等級(最大水深2メートルで最大30分間) IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)

耐水規格の等級に違いがあり、「iPhone XS/XS Max」のほうが優れています。

「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」「iPhone 8」どの機種でも防水機能がありますが、防水性能に若干の差があります。

ただし深い海に落としたとかならない限りどちらもでも問題ないと思います。

しかしあくまでも完全な防水ではないのでお風呂などで使う場合はジップロックや防水ケースに入れての使用をおすすめします。

3D Touchの有無

「iPhone 6s」から採用された「3D Touch」という機能。

画面を押す力によってアプリの起動の仕方を変えたり、リンク先を開かずにプレビューで確認したりすることができる機能ですよね。

この機能は「iPhone XS/XS Max」「iPhone 8」には搭載されているのですが、「iPhone XR」には搭載されてないんです。

代わりに、画面の長押しにより同等の機能が使えるという「Haptic Touch」という新機能が搭載されましたが、まだまだ発展途上な機能なので「3D Touch」を多用していた方は注意です。

個人的は「3D Touch」はほとんど使っていなかったので、なくてもほとんど困らないと思っています。

Apple Pay、ワイヤレス充電はどの機種も対応

電子マネー決済の「Apple Pay」と、置くだけで充電できる「ワイヤレス充電」はどの機種も対応しています。

どちらも一度使ってしまうと戻れなくなるくらい便利な機能なので、搭載されているのはありがたいですね!

自分に合ったiPhoneの決め方

「iPhone XS」がおすすめの方

  • 最先端の機種がいい
  • 少しでもコンパクトなほうがいい(片手操作がしやすいほうがいい)
  • カメラに拘りがある
  • 容量512GBを選びたい
  • 3D Touchがほしい
  • 有機ELディスプレイがいい

有機ELディスプレイや、デュアルカメラなど、フル機能の「iPhone XS」。

「iPhone XS」は最先端の機種を使いたい方や、少しでも小さくてコンパクトなものがいいという方におすすめです。

特に片手で使いたい方。
「iPhone XS Max」「iPhone XR」では大きすぎるため片手操作は厳しいのですが、「iPhone XS」は片手でもギリギリ操作できるという方も多いので、片手でも使いたい場合は「iPhone XS」をおすすめします。

それでもギリギリ届くというレベルなので、片手操作に拘る方は「iPhone 8」のほうがいいです。

容量も「512GB」も選べるので、「4K動画を撮りまくる」なんて方にもいいと思います。

「iPhone XS Max」がおすすめの方

  • 最先端の機種がいい
  • 大きな画面がいい
  • 電子書籍や動画を大画面で楽しみたい
  • カメラに拘りがある
  • 容量512GBを選びたい
  • 3D Touchがほしい
  • 有機ELディスプレイがいい

「iPhone XS Max」はiPhone史上最も大きな画面サイズのiPhoneなので、写真や音楽やゲームなどを大迫力で楽しみたい方におすすめです。

また電子書籍を読まれる方にもおすすめ!

しかしサイズ、重量もMaxなので、気軽に持ち運びたい方や、ポケットに入れて持ち運ぶ方は少々大変です。

「iPhone XR」がおすすめの方

  • 価格を安く抑えたい
  • 有機ELディスプレイほど高画質でなくてもいい
  • カラフルな本体カラーを選びたい
  • バッテリーが少しでも長持ちするのがいい
  • ポートレートモードで人物以外は撮らない
  • 6.1インチの画面サイズが気に入った
  • 3D Touchはそんなに使っていない

「iPhone XR」はやはりコスパの良さ!

「iPhone XS/XS Max」と若干機能に違いはありますが、ガジェットマニアではなく、サイズへの拘りがなければ「iPhone XR」が最良の選択だと思います。

人物へのポートレートモード撮影もできますし、液晶ディスプレイも十分キレイ。さらにバッテリー性能に優れていて他の機種よりもバッテリー持続時間が長いです。

最近キャリアでは結構安く販売されているので、「iPhone XS/XS Max」ほどの機能が必要なければ「iPhone XR」はベストな選択だと思います!

「iPhone 8」がおすすめの方

  • 価格を抑えたい
  • コンパクトなiPhoneがいい(片手操作がやりやすいのがいい)
  • ホームボタン(Touch ID)がほしい
  • ポートレート写真は撮らない

「iPhone 8」は1年前の機種なので他の機種よりもかなり安く購入できます。

「Face ID」は搭載されていませんが、代わりに「Touch ID」があるので、指紋認証が好みの方は「iPhone 8」が最適です。

また片手でも使いやすいサイズということで今でも根強い人気があります。

機能やスペックは現行機種と比べると見劣りするようにも思えますが、今のiPhoneはオーバースペックとも言われていて、高スペックを要するゲームやアプリを使わない限りは「iPhone 8」でも十分すぎる性能です。

ルック
1年古い機種ですが、今でも人気が高くおすすめな機種です!

まとめ

  • 最先端で小型な機種がいい方は「iPhone XS」
  • 最も大画面なiPhoneがいい方は「iPhone XS Max」
  • コスパ・バランスがいい機種は「iPhone XR」
  • 最も安い機種・Touch IDが欲しい方は「iPhone 8」

最先端の機能を味わいたい方、サイズに拘りのある方は「iPhone XS/XS Max」がおすすめで、それ以外の方は「iPhone XR」または「iPhone 8」がおすすめだという結果になりました。

「iPhone XS/XS Max」はたしかに最先端のすごい機種ではありますが、12万円~というパソコン並みの価格は正直高すぎます。

「iPhone XR」でも処理性能は「iPhone XS/XS Max」と変わりませんし、十分な機能を搭載しています。

「この画面サイズがいい」「この機能は絶対にほしい」という要望がなければ「iPhone XR」を選んで間違いないと思います。

また「iPhone XRは大きすぎる」「Face IDは嫌だ」という方には「iPhone 8」がおすすめ!1年前のモデルではありますが、十分すぎる性能を持っているので今で根強い人気を誇る機種です。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!