iPhoneを片手で快適に使う5つの方法

iPhone含むスマートフォンは、時代と共にどんどん大画面になっていっていますよね。

機種変更するたびに、片手操作がしにくくなっていると実感します。

大画面になることのメリットも多いんですが、片手での操作も恋しい…

そこで今回は、画面の大きくなったiPhoneを片手でも快適に使う方法を紹介したいと思います!

① 「片手用キーボード」を利用する


iPhoneのキーボードは、初期のままでは画面の幅いっぱいに使いますが、「片手用キーボード」という設定をすることで、キーボードの幅が小さくなり、左右どちらかに寄せることができるんです。

これを使えば、反対側の届きにくかったところも楽々届きますね!

やり方は、キーボード左下の地球アイコンを長押しすると、キーボードを寄せるマークが現れるので左右好きな方を選べば、片手用キーボードに切り替わります。

② 「簡易アクセス(片手モード)」を利用する



画面の大きくなったiPhoneは、画面上部までタッチするのが大変です。

そんなときに便利なのが「簡易アクセス」という機能。

画面上半分が下にスライドし、画面の上側の部分でも片手で楽々届くようになる機能です。

iPhone 8までのモデルは「ホームボタン」を軽く2回タップ、iPhone Xからのモデルは「ホームバー」を下にスワイプすると、画面が下にスライドします。

とくにiPhone Xの場合は画面上下の長さがとても長いため、簡易アクセスは便利。

※「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「簡易アクセス」を事前にオンにする必要があります。

③ 「滑りにくいケース」を使う


ツルツルした滑りやすいケースを使っていると、片手で持つと滑りやすくて安定しません。

そんなときは、滑りにくいグリップ力のあるケースがおすすめです。

ゴム素材のケースなら、片手で持っても指に引っかかりやすくなるので、片手でも安定して持つことができるんです。

④ 「バンカーリング」を使う


先ほど紹介した滑りにくいケースじゃなくても、バンカーリングを使って指に通すという方法もあります。

iPhoneの背面に取り付け、iPhoneを持ったときの後側の指を背面のリングに通すことで、安定して持つことが可能です。

滑りにくいグリップ力のあるケースよりも落下防止が期待できます。

1つ注意点があり、背面にリングを貼ると、ワイヤレス充電ができなくなります。

⑤ キーボードを「ATOK」に変える


純正のキーボードでも片手用モードにすることができますが、ATOKというキーボードアプリに変更することで、キーボードの大きさや、位置を細かく調整できるようになります。

またATOKは変換が優秀だったり、キーボードを自分好みに自由にカスタマイズできるので、iPhoneでの文字入力が多い方に重宝しますよ。

まとめ

  • 滑りにくいケース・バンカーリングを使う
  • 片手で操作しやすいキーボードアプリを使う

上記のことを工夫するだけで、大画面のスマートフォンでも片手操作が一段とやりやすくなります!

僕はグリップ力のあるケースと、キーボードを片手用にしてからはとても快適です。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!