【設定】iPhone・iPadで「Night Shift」を設定してブルーライトを軽減する方法

iPhone、iPadには、ブルーライトをカットする「Night Shift(ナイトシフト)」という機能が搭載されています。

ブルーライトとはテレビや、パソコン、スマートフォンのLEDディスプレイから発生する青色の光のことで、長時間浴びると眼や身体に大きな負担をかけると言われています。

そこで、iPhone、iPadに「Night Shift(ナイトシフト)」を設定して、ブルーライトを減らしてみましょう。

設定方法

iPhone 設定
まず「設定」アプリを開きます。

iPhone Night Shift
「画面表示と明るさ」を選択

iPhone Night Shift
「Night Shift」を選択

iPhone Night Shift
①時間指定でNight Shiftを有効にする場合は、「時間指定」をオンにして、有効にする時間を入力しましょう。

②「手動で明日まで有効にする」をオンにすると、チェックをしたときから翌日までNight Shiftが有効になります。

③「色設定」が調整できます。
「冷たく」のほうに寄せると、Night Shiftの効果が弱く、青みがかった色味になります。
逆に「暖かく」のほうに寄せれば、茶色っぽい色味になり、ブルーライトカット効果を強くすることができます。

※例:開始22:00〜終了6:00に設定した場合、22:00にNight Shiftが有効になり、翌朝6:00に無効になります。

Night Shiftを常に有効にしたい場合は、開始6:00〜終了5:59のようにすると、ほぼ一日中Night Shiftが有効になります。

コントロールセンターから有効にする方法

コントロールセンターからNight Shiftを有効にする方法です。

まずコントロールセンターを開きます。

コントロールセンターはiPhoneのモデルによって出し方が異なります。
iPhone Night Shift
①iPhone 8までのホームボタンがあるモデルは画面下から上側にスワイプ

②iPhone X以降のホームボタンがないモデルは画面右上から下側にスワイプ

iPhone Night Shift
ディスプレイの明るさ調整のところを、強めにタップします。

3D Touch非搭載(iPad含む)の機種では、ロングタップします。

iPhone Night Shift
このような画面になるので、左下の「Night Shift」をタップします。

すると翌日まで手動で有効になります。

最後に

スマートフォンやタブレット、パソコンの普及により、昔よりもブルーライトを浴びる時間が増えました。

管理人も昔より眼が疲れやすくなった(ただの歳のせい…?)と感じるので、普段からブルーライト対策することで目の負担を減らせると思います。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!