【ガラスフィルム】「全面保護タイプ」「通常タイプ」おすすめはどっち?特徴と選び方【iPhone】

iPhoneの保護フィルムは、ガラスフィルムが主流になってきました。

そしてガラスフィルムには、「全面保護フィルム」「通常のフィルム」の2種類あるのですが、どちらがいいのか悩む方も多いと思います。

今回は、様々なガラスフィルムを試してきた管理人が、「全面保護フィルム」と「通常のフィルム」のそれぞれの特徴と、どちらがおすすめなのかをまとめてみました!

通常タイプのガラスフィルムの特徴

  • センサーを覆わず、不具合を起こす心配がない
  • ゴミや埃が溜まりにくい
  • 縁が画面に干渉しない
  • ケースと干渉する心配がない
  • 全面保護されないため、保護されない部分は傷がつく恐れがある
  • 見た目は全面保護フィルムに劣る

普通のフィルムの場合、カバーされるのは画面の表示部分だけになるので、Face IDなどに利用されるセンサーまでは覆いません。

センサーには何も被されないため、センサーが誤作動する心配がないので安心して使えます。

難点としては、画面端のカーブしている縁や、センサーの部分はフィルムで覆われないので、その部分に傷が入る恐れがあること。

しかしiPhoneの画面は頑丈なガラスでできていますし、保護されない部分はほとんど触れることもないので、そこまで心配しなくてもいいのかなと思います。

全面保護ガラスフィルム(フルカバー)の特徴

  • 縁やセンサーも保護される
  • 一見、何も貼ってないかのような美しいデザイン
  • 貼る位置がずれると画面表示エリアに黒縁が被る可能性がある
  • ケースと干渉する恐れがある
  • 縁の裏にゴミや埃が溜まりやすい
  • センサーが不具合を起こす可能性がある

全面保護フィルム(フルカバーフィルム)は、通常のフィルムと違い、Face IDのセンサーの部分やカーブしている縁の部分まで覆うタイプです。

縁の部分は画面と同色の黒色の素材が使われていて、割れにくい工夫や、違和感のない見た目になるような工夫がされています。

縁やセンサーの部分まで保護されるので、傷に対する安心感はあるのですが、センサーも覆ってしまうため、センサーの誤作動なんてことも起こりえます。(大丈夫な場合がほとんどですが)

また縁の部分は画面に密着されず、隙間になっているフィルムがほとんどなので、その部分に埃やゴミが溜まりやすいです。

剥がしたときに驚きます…!

そして画面の内側のほうまで保護されるケースと併用させる場合、ケースとフィルムが干渉して、フィルムと画面の密着がうまくいかず、空気が入ってしまうなんてこともあります。

ラコタ
フルカバータイプのガラスフィルムは、デザインも良く、全面保護される安心感は素晴らしいのですが、意外とデメリットも多いんだよね…

「全面保護フィルム」と「通常のフィルム」どちらがおすすめ?

個人的には、デザインと傷防止で「全面保護フィルム」を愛用することが多いのですが、位置合わせがうまくいかないと画面の表示部分とセンサーまでも覆ってしまってたり、ケースとの相性が出てしまうことがあるため、「通常のフィルム」を買ったほうが無難だと思います。

「通常のフィルム」のほうが不具合もなく、少しくらいずれてしまっても問題ないのでおすすめです。

全面保護を使う場合は、センサーに干渉しにくいOAprodaのフィルムがおすすめ

どうしても全面保護を使いたい場合は、センサーに干渉しにくい「OAprodaのガラスフィルム」がおすすめです!

その理由がこちら

  • 他社製品よりも黒枠部分が狭いためセンサーを覆いにくい
  • フィルムが少し小さめに設計され、ケースとの相性問題が出にくい
  • 専用位置決め用 ガイド枠付属で、誰でもベストな位置で貼れる

まず黒枠部分が他社製品よりも狭いため、センサーを覆いにくいんです。

実際に僕も他社製品だとセンサーに被ってしまったのが、OAprodaのフィルムだとまったく被らず貼ることができました。

また少し小さめに設計することで、ケースとの相性で問題が起こりにくくなっていますし、「専用位置決め用 ガイド枠」が付属しているので、それに合わせて貼るだけで、誰でもピッタリな位置にフィルムを貼ることができます。

ラコタ
値段もそこまで高くないので、全面保護ガラスフィルムを買うなら、OAprodaのガラスフィルムがおすすめです!

まとめ

  • 通常ガラスフィルムは、トラブルが起こりにくい
  • 全面保護ガラスフィルムは、センサーを覆ったり、ケースと干渉する恐れがある
  • 全面保護ガラスフィルムを使いたいなら、不具合が起こりにくい「OAproda」がおすすめ(11 Pro現在)

通常タイプのガラスフィルムと、全面保護タイプのフィルムの特徴と違いをまとめてみました!

通常保護タイプのガラスフィルムのほうが、センサー類と縁部分を避けていて、センサーの不具合や、ケースとの干渉を起こしにくいのでおすすめです。

ただし見た目や全面保護ガラスフィルムのほうが自然で、フィルムを貼っていないかのようなデザインは魅力的ですよね。

ラコタ
全面保護ガラスを貼りたい場合は、黒縁が細く、フィルムの少し小さめで不具合を起こしにくく設計されている「OAproda」のガラスフィルムがおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!