【iPhone XS/XS Max/XR】容量は64GBで足りる?失敗しない容量の選び方

Androidの端末なら、SDカードを挿せて容量を拡張することができるものが多いですが、iPhoneは後から容量を拡張することはできません。

容量を圧迫してしまった場合は、不要なデータを削除して整理するか、より容量の多いモデルに買い替える必要があります。

そこで、自分に合った容量の選び方のポイントを紹介したいと思います。

「64GB」 「128GB」「256GB」「512GB」の4種類

iPhone XS / XS Max

  • 64GB
  • 256GB
  • 512GB

2018年のiPhone XS / XS Maxですと上記3つの容量があります。

去年の「iPhone X」では、「64GB」「256GB」の2モデルですが、今回は新たに「512GB」が追加されました。

iPhone XR

  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB

エントリーモデルの「iPhone XR」では上記、3つの容量から選べます。

iPhone XS / XS Maxでは選べる「512GB」がない代わりに中間サイズの「128GB」があります。

「64GB」が向いている人

  • 本体価格は安いほうがいい
  • 音楽、写真、動画はそこまで保存しない
  • 容量の大きなアプリをたくさん入れない
  • クラウドなどでストレージ管理する

まず64GBで大丈夫な方は上記の通りです。

音楽、写真、動画をそこまでたくさん入れないという方は64GBで足りると思います。

またたくさん保存したいという方でも、クラウドストレージや、パソコンなどにデータを定期的に移して管理するという方なら64GBでも大丈夫な可能性が高いです。

iPhoneにも「iCloud」というクラウドサービスがあり、大容量プランを契約すれば、容量の大きな写真や動画は自動でクラウド上に保存され、本体のほうは小データ化してくれるので、かんたんに節約することができます。

すごいサービスなのですが注意点が1つあります。
本体にキャッシュされていない写真・動画を閲覧するときは、クラウド上からネット回線で引っ張ってくるので、Wi-Fiがない場所で見る場合はモバイル回線の通信量が消耗します。

本体代を削れても、データチャージなどをする事態となっては本末転倒なので注意です。

それと、ゲームアプリもどんどん高クオリティになってきていて、一本のアプリで1GB使用するものも珍しくなくなってきました。
ゲームアプリに限らず、容量の大きなアプリを多く入れたい方は、128GB以上のiPhoneを選んだほうが無難でしょう。

「128GB」以上が向いている人

  • 音楽、写真、動画をたくさん保存したい
  • 容量の大きいアプリをたくさん入れる
  • データの管理、整理が面倒

128GB、256GB、512GBというと、最新のパソコン(SSD)にも並ぶ大容量です。

ここまであれば、音楽、写真、動画を好きなだけ入れても、困ることはほぼないのではないでしょう。

とにかくたくさん保存したい方におすすめですが、容量がカツカツでデータの管理や整理に時間を使いたくない方にもおすすめです。

現在のiPhoneの空き容量を確認して、どのくらいの容量が必要か判断しよう

新しいiPhoneを購入する前に、現在のiPhoneでどのくらいの容量を使用しているのか確認してみましょう。

容量が多く余っていれば新しいiPhoneでも大きな容量は必要ありませんし、ギリギリだったり、このまま使用していたら危なそうだと思ったら、今よりも大きな容量のモデルを購入したほうがいいでしょう。

iPhoneの空き容量を確認する方法

iPhone 設定
iPhoneの空き容量を確認するには「設定」へ行きます。


「iPhoneストレージ」を選択。


iPhoneで現在の使用容量が確認できます。

右上に「使用済み」と書かれている項目があり、最大容量から使用済み容量を引いた数値が、残りの容量となります。

まとめ

  • 購入する前に自分の使用用途を明確にして容量を決めよう
  • 現在のiPhoneの空き容量を確認して決めよう
  • 後から容量を増やすことができないため、迷った場合は大きいほうがいい

僕は現在「iPhone X」の64GBモデルを使用していますが、20GBほど余っています。

しかし、最近「Apple Music」を使うようになり、音楽のダウンロードで容量を食うようになってきました。

あまり聴かなくなった曲は順に削除していけばいいのですが、意外と面倒なのと、やっぱり音楽聴き放題の「Apple Music」を気兼ねなく楽しみたい。

そう感じるようになったので、次は256GB以上のiPhoneを購入したいと思います。

逆に「Apple Music」を利用していなかったら、恐らく次回も64GBを選んでいる気がします。

iPhoneはSDカードが使えないので、ストレージ容量はよく考えて決めましょう。

【2019】iPhoneの選び方完全ガイド【XS/Max/XR/8/価格/容量】

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!