【比較】iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの違いを徹底解説!どの機種がおすすめ?

2019年9月11日、ついに新しいiPhone「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が発表されました!

ラコタ
カメラが3つになって凄そう…!

今回はこの3つの機種の違いと、どの機種がおすすめなのかをまとめてみたので、機種選びで迷われている方の参考になれば幸いです!

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの大きな違い

容量・価格 (税抜き)

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
64GB 74,800円 106,800円 119,800円
128GB 79,800円
256GB 90,800円 122,800円 135,800円
512GB 144,800円 157,800円

「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」では容量のバリエーションに違いがあり、機種により128GBと512GBが選べます。

同じ容量で価格を比べてみると、「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」の差額が32,000円、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」では13,000円の差額となります。

ラコタ
「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro Max」では45,000円も違うんだな…

ディスプレイの違い

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
Liquid Retina HDディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD
Multi‑Touchディスプレイ
5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED
Multi‑Touchディスプレイ
6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED
Multi‑Touchディスプレイ
HDRディスプレイ HDRディスプレイ
1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi 2,436 x 1,125ピクセル解像度、458ppi 2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi
1,400:1コントラスト比(標準) 2,000,000:1コントラスト比(標準) 2,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ True Toneディスプレイ True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3) 広色域ディスプレイ(P3) 広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ 触覚タッチ 触覚タッチ
最大輝度625ニト(標準) 最大輝度800ニト(標準) 最大輝度800ニト(標準)

どの機種もホームボタンのないベゼルレスデザインですが、ディスプレイは大きく違います。

「iPhone 11」では液晶の「Liquid Retina HDディスプレイ」が採用されていますが、「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」では有機ELの「Super Retina XDRディスプレイ」が採用されています。

有機ELディスプレイのメリットは、自発光する仕組みのため、バックライトが不用になり、黒い表示をより忠実に表示できること。

さらに「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」では、「Super Retinaディスプレイ」から「Super Retina XDRディスプレイ」に進化し、「iPhone XS/XS Max」のときよりも最大輝度とコントラスト比が向上しています。

ラコタ
Proのほうが画面がキレイなんだね~
ラココ
「Liquid Retina HDディスプレイ」もかなりキレイだから、両機種を横に並べて見比べない限り、そこまで気になることはないと思うよ!

カメラの違い

アウトカメラ

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
デュアル12MPカメラ(超広角と広角) トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠) トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
ナイトモード ナイトモード ナイトモード
自動調整 自動調整 自動調整
光学式手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームアウト、最大5倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム 2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、最大10倍のデジタルズーム
より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
次世代のスマートHDR(写真) 次世代のスマートHDR(写真) 次世代のスマートHDR(写真)

フロントカメラ

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
TrueDepthカメラ TrueDepthカメラ TrueDepthカメラ
12MPの写真 12MPの写真 12MPの写真
ƒ/2.2絞り値 ƒ/2.2絞り値 ƒ/2.2絞り値
Retina Flash Retina Flash Retina Flash
次世代のスマートHDR(写真) 次世代のスマートHDR(写真) 次世代のスマートHDR(写真)
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps) ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps) ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p) 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p) 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
アニ文字とミー文字 アニ文字とミー文字 アニ文字とミー文字

まずアウトカメラの数が違います。

3機種とも「広角レンズ」と「超広角レンズ」が搭載されていますが、「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」にはさらに「望遠レンズ」が搭載されているんです。

最大10倍までのデジタルズームなのができるようになるので、遠く離れたものをズームして撮影することができます。


今回の目玉機能の「超広角レンズ」は「iPhone 11」にも搭載されているので、通常では写真に入りきらないような広い風景や建物を写真は3機種どの機種でも楽しめます。

ラコタ
カメラレンズの2つと3つの差はズームに強いかどうかなんだね!
ラココ
フロントカメラの画素が12MPに向上して、自撮りがキレイに撮れるのもいいね!

処理性能は同じ

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
A13 Bionicチップ A13 Bionicチップ A13 Bionicチップ
第3世代のNeural Engine 第3世代のNeural Engine 第3世代のNeural Engine

どの機種にも最新の「A13 Bionicチップ」が採用されているので、処理性能の差はほとんどないと考えてOKです。

耐水性能はProのほうが少しだけ有利

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
IP68等級 IP68等級 IP68等級
最大水深2メートルで最大30分間 最大水深4メートルで最大30分間 最大水深4メートルで最大30分間

3機種とも「IP68等級」の耐水性能がありますが、最大水深に少し差があり、「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」のほうが少しだけ優れた耐水性能を誇ります。

3D Touchがないのも一緒

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
触覚タッチ 触覚タッチ 触覚タッチ

「iPhone XS/XS Max」では搭載、「iPhone XR」では非搭載だった「3D Touch」は2019年モデルでは全ての機種で廃止されています。

代わりにロングタップで同等の機能が使える「触覚タッチ」が採用されているので、なくなってもそこまで困ることはないと思います。

本体の材質が違う

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
ガラスとアルミニウムのボディ テクスチャードマットガラスとステンレススチールのボディ テクスチャードマットガラスとステンレススチールのボディ

「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」では本体の材質に違いがあり、本体の金属部分がiPhone 11では「アルミニウム」、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxではアルミニウムよりも強度の高い「ステンレススチール」が採用されています。

また背面のガラスにも違いがあり、iPhone 11 Pro/11 Pro Maxでは「テクスチャードマットガラス」と呼ばれる、すりガラスのような艶のないマットなガラスが採用され、これまでとは違った雰囲気のあるデザインです。

本体カラーバリエーションの違い


iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
ブラック
グリーン
イエロー
パープル
ホワイト
(PRODUCT)RED
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ミッドナイトグリーン
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ミッドナイトグリーン

本体カラーは「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」が4色なのに対し、「iPhone 11」では6色の豊富なバリエーション。

「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」では高級感のある色ですが、「iPhone 11」では明るみのある優しい感じな色が使われています。

サイズ・重量

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
画面サイズ 6.1インチ 5.8インチ 6.5インチ
高さ 150.9 mm 144.0 mm 158.0 mm
75.7 mm 71.4 mm 77.8 mm
厚さ 8.3 mm 8.1 mm 8.1 mm
重量 194 g 188 g 226 g

本体サイズは「iPhone 11 Pro」<「iPhone 11」<「iPhone 11 Pro Max」の順で大きくなっています。

「iPhone 11」がだいたい「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro Max」の中間くらいのサイズです。

ラコタ
「iPhone 11 Pro Max」はサイズだけじゃなく、重量もMAXだから、長時間使う方はその辺も気にしたほうがいいかも…?

バッテリー持続時間

iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
前モデルとの比較 iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間 iPhone XSより最大4時間長いバッテリー駆動時間 iPhone XS Maxより最大5時間長いバッテリー駆動時間
ビデオ再生(ワイヤレス) 最大17時間 最大18時間 最大20時間
オーディオ再生(ワイヤレス) 最大65時間 最大65時間 最大80時間

iPhone 11シリーズではバッテリー持続時間が大きく伸び、「iPhone 11 Pro Max」では「iPhone XS Max」よりも最大5時間も長く使えるようになりました。

11 Pro/11 Pro Maxには高速充電器が付属


iPhoneは数年前のモデルから高速充電(急速充電)に対応していますが、iPhoneに付属の充電器は高速充電に非対応の充電器なため、高速充電を利用するには別途対応した充電器を用意する必要がありました。

そして、ついに「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」に18Wの高速充電に対応した充電器が付属するようになりました。

残念ながらiPhone 11」には従来と同じ高速充電非対応の5W充電器が付属し、高速充電に対応した充電器は付属していません。

「iPhone 11」がおすすめの方

  • コストを抑えたい
  • カメラの望遠は使わない
  • カラフルな本体カラーが気に入った

個人的に、カメラやディスプレイに強い拘りがなければ「iPhone 11」がおすすめ!

「iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max」との最大の違いは、望遠レンズと、有機ELディスプレイの有無だけです。
その他にも細かな違いもありますが、耐水性能の違いなど気にするほどの違いはありません。

望遠レンズは望遠で写真を撮らなければ必用ありませんし、今回の目玉機能でもある「超広角レンズ」は「iPhone 11」でも楽しめます。

ディスプレイも有機ELディスプレイの「Super Retina XDRディスプレイ」のほうがキレイなのは確かですが、iPhone 11の液晶ディスプレイ「Liquid Retina HDディスプレイ」も成熟されて十分すぎるほど高画質なディスプレイです。
横に並べて見比べない限りは、Liquid Retina HDディスプレイで不満に思うことはないと思います。

そして、性能はほとんど同じなのに価格は74,800円からと、コスパに優れた価格!

ラコタ
「カメラの望遠を使いたい」「絶対に有機ELディスプレイがいい」という方は「iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max」のほうがおすすめですが、それ以外の方は「iPhone 11」がおすすめです!

「iPhone 11 Pro」がおすすめの方

  • カメラの望遠を使いたい
  • コンパクトなiPhoneが欲しい
  • 片手で使いたい
  • 有機ELディスプレイで動画や写真を楽しみたい
  • 高速充電器が欲しい

「iPhone 11」よりも高機能なiPhoneで、望遠レンズが追加されたトリプルカメラ、有機ELディスプレイの「Super Retina XDRディスプレイ」が搭載された上位モデルとなります。

「iPhone 11」には搭載されていない望遠レンズが追加されていて、通常だと遠くのものを拡大するとぼけてしまいますが、望遠レンズを利用すれば拡大してもぼけにくく、より遠くのものを写すことができます。

そのため、カメラの望遠を使う方は「iPhone 11 Pro」がおすすめです。

また自発光できてバックライトが不要な、有機ELの「Super Retina XDRディスプレイ」が採用されているので、黒い表示をより忠実に再現することができます。

液晶の「iPhone 11」も成熟された高画質なディスプレイですが、より高画質な画質を求める方にもおすすめです。

そして3機種の中で最もコンパクトな機種になるので、「片手で使いたい」「ズボンのポケットに入れても邪魔にならないのがいい」という方にもおすすめ!

ラコタ
高機能&コンパクトな本体がいいなら「iPhone 11 Pro」で決定!

「iPhone 11 Pro Max」がおすすめの方

  • カメラの望遠を使いたい
  • 大画面のiPhoneが欲しい
  • 電子書籍を楽しみたい
  • 有機ELディスプレイで動画や写真を楽しみたい
  • 高速充電器が欲しい

基本的には「iPhone 11 Pro」と同じで、ディスプレイのサイズ、バッテリーの持続時間以外はまったく同じと考えてOK。

6.5インチと、iPhone史上最も大画面なディスプレイを搭載した「iPhone 11 Pro Max」は、ゲームや電子書籍を大迫力で楽しめます。

ラコタ
画面に表示できる情報量が多いので作業効率を求める方、大画面で動画や写真を楽しみたい方におすすめ!

まとめ

  • Proとの大きな違いは「望遠レンズ」と「有機ELディスプレイ」の有無
  • カメラの望遠を使わない方はコスパに優れた「iPhone 11」がおすすめ
  • 片手で使いたい方は「iPhone 11 Pro」がおすすめ
  • ゲームや電子書籍を大迫力で楽しみたいなら「iPhone 11 Pro Max」がおすすめ

昨年の「iPhone XR」「iPhone XS/XS Max」のときは選び方が少し複雑に感じましたが、今回はエントリーモデルのiPhoneが「iPhone 11」で、上位モデルには「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」というように「Pro」の名前がついてわかりやすくなったのはいいですね!

大きな違いは「望遠レンズ」と「有機ELディスプレイ」の有無だけで、その他にも細かい違いもありますが、「望遠で撮影するか」「有機ELディスプレイがいいのか」「どの画面サイズが合うのか」の3つで判断するといいと思います。

ラコタ
僕は「iPhone 11 Pro」を購入する予定!子供の写真をよく撮るので、望遠レンズがあったほうが幅広い写真が撮れるんだよね~

(Via・Image:Apple


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!