【2019】iPadの選び方完全ガイド【Pro/Air/mini/容量/価格/Cellular】

2018年、ついにフルディスプレイを採用した新型の「iPad Pro」が登場し、2019年3月には「iPad Air」と「iPad mini」が新しくなって登場しました!

そして現在では「iPad」「iPad Air」「iPad mini」「iPad Pro (11インチ)」「iPad Pro (12.9インチ)」の5種類のモデルのiPadが併売されています。

ルック
これだけモデルがあるとどれを選んだらいいのか難しい…

今回、現在販売されているiPadの選び方を詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にしていだけたらと思います!

「iPad」「iPad Pro」「iPad Air」「iPad mini」の違い

価格・本体容量(税抜き)

モデル iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
32GB 37,800円
(52,800円)
64GB 111,800円
(128,800円)
89,800円
(106,800円)
54,800円
(69,800円)
45,800円
(60,800円)
128GB 48,800円
(63,800円)
256GB 128,800円
(145,800円)
106,800円
(123,800円)
71,800円
(86,800円)
62,800円
(77,800円)
512GB 150,800円
(167,800円)
128,800円
(145,800円)
1TB 194,800円
(211,800円)
172,800円
(189,800円)

最も安いものは37,800円から購入できますが、一番高いものはなんと211,800円とパソコン並みの価格のiPadもあります。

モデル、ストレージ、 Cellularの有無を含めると、28種類ものiPadが存在するので、自分の使い方や生活スタイルに合ったiPadを選びましょう。

( )内は「Wi-Fi + Cellularモデル」の価格です。

画面サイズ・本体の違い

モデル iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
画面サイズ 12.9インチ 11インチ 10.5インチ 9.7インチ 7.9インチ
高さ 280.6 mm 247.6 mm 250.6 mm 240 mm 203.2 mm
214.9 mm 178.5 mm 174.1 mm 169.5 mm 134.8 mm
厚さ 5.9 mm 5.9 mm 6.1 mm 7.5 mm 6.1 mm
重量 631 g
(633 g)
468 g
(468 g)
456 g
(464 g)
469 g
(478 g)
300.5 g
(308.2 g)
( )内は「Wi-Fi + Cellularモデル」の重量です。

ロック認証方式の違い

iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
Face ID Face ID Touch ID Touch ID Touch ID

iPad Proでは、iPhone XS/XS Max/XRと同じ「TrueDepthカメラ」が搭載され、「Face ID」で顔認証ロック解除ができるようになっています。

それ以外の機種は従来と同じ「Touch ID」で、ホームボタンに指を当てて指紋でロック解除となります。

「Face ID」はiPadを横向きにしても動作するので、「Smart Keyboard Folio」などキーボードを用いて使用するときも便利です!

さらにアニ文字とミー文字も利用できます。

ディスプレイの違い

モデル iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
画面サイズ 12.9インチ 11インチ 10.5インチ 9.7インチ 7.9インチ
解像度 264ppi
2,732 x 2,048ピクセル
264ppi
2,388 x 1,668ピクセル
264ppi
2,224 x 1,668ピクセル
264ppi
2,048 x 1,536ピクセル
326ppi
2,048 x 1,536ピクセル
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ

iPad Proはホームボタンもなく、本体ギリギリまで使ったフルディスプレイを採用しているので、これまでと本体サイズがあまり変わらなくてもディスプレイは大画面になっています。

「iPad Pro 11」と「iPad Air」は本体サイズはそこまで変わりませんが、ディスプレイサイズは「iPad Pro 11」のほうが0.5インチも大画面になっています。

iPhoneとは違い、iPadはどの機種も液晶ディスプレイが採用されていますが、エントリーモデルのiPadよりもiPad ProやAirのほうが「広色域ディスプレイ(P3)」や「True Toneディスプレイ」に対応しているので、より美しく表示が可能です。

またiPad Proにのみ、「ProMotionテクノロジー」というリフレッシュレートを60Hzから120Hzに引き上げる機能があるため、iPad Proは他の機種よりもスクロールなど動きのある表示を滑らかに表示ができます。

処理性能の違い

iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
A12X Bionic A12X Bionic A12 Bionic A10 Fusion A12 Bionic

「iPad Air」「iPad mini」は「iPhone XS/XS Max」「iPhone XR」と同じ「A12 Bionic」を採用しているのでほぼ同じ性能を誇ります。

iPad Proについては、「A12 Bionic」以上の性能を持つ「A12 X Bionic」を搭載しているのでiOSデバイス史上最も高性能な性能です。動画編集なども楽々こなせるとか…!

「iPad」はエントリーモデルなので、結構昔のチップ「A10 Fusion」が採用されていますが、ハイスペックを要求するゲームや動画編集など高度な作業を行わなければ不自由を感じることはない十分な性能だと思います。

カメラ性能の違い

モデル iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
バックカメラ 1200万画素
ƒ/1.8絞り値
1200万画素
ƒ/1.8絞り値
800万画素
ƒ/2.4絞り値
800万画素
ƒ/2.4絞り値
800万画素
ƒ/2.4絞り値
フロントカメラ 700万画素
Face ID対応
700万画素
Face ID対応
700万画素 120万画素 700漫画素
ポートレートモード
(フロントカメラ)
アニ文字

iPad ProはProの名を持つだけあって、カメラの画質も他モデルよりも上回ります。

また「TrueDepthカメラ」を搭載したことにより、iPhoneと同じように背景をぼかして被写体を強調させる「ポートレートモード」や「アニ文字」にも対応しています。

充電端子、バッテリー持続時間

モデル iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
充電端子 USB-C USB-C Lightning Lightning Lightning
バッテリー
(Wi-Fi利用)
最大10時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間
バッテリー
(Cellular利用)
最大9時間 最大9時間 最大9時間 最大9時間 最大9時間

「iPad Pro 12.9」「iPad Pro 11」以外のモデルは、iPhoneと同じLightningポートが採用されていますが、Proの2機種は「USB-C」に変わりました。

iPhoneと充電器を共有することはできなくなりましたが、代わりに同じUSB-Cポートを搭載したMacBook/MacBook Proと共有することができるようになっています。

またUSB-Cを採用したことにより、パソコンみたいにUSB機器と接続できるようになり、デジカメと直接繋いで写真をiPadに取り込んだり、有線のキーボードを繋いだりなんてこともできるようになりました。

バッテリー持続時間は、どの機種も最大10時間となっているので、ほとんど差はありません。

対応Apple Pencilの違い

モデル iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
Apple Pencil (第2世代)
Apple Pencil (第1世代)
Logicool Crayon

現在販売されているiPad全モデルで「Apple Pencil」が利用できるようになりました。
ところがモデルによって、使用できるApple Pencilが異なるので注意です。

iPad Proでは「最新のApple Pencil (第2世代)」が使えて、本体の側面にくっつけるだけで充電できたり、持ち手でのタップ操作でペン種類を変えられたりと、使勝手が大きく向上しています。

それ以外の機種は「Apple Pencil (第1世代)」と「Logicool Crayon」が利用できます。
使勝手以外の性能は「Apple Pencil (第1世代)」でもほとんど変わりませんが、「iPad Pro」にはリフレッシュレート向上させる「ProMotionテクノロジー」という機能が備わっているので、多少ですがiPad Proのほうが滑らかに書けるみたいです。

また「Apple Pencil (第1世代)」対応のiPadは、Apple Pencilよりもお求め安い「Logicool Crayon」にも対応しています。

対応キーボードの違い

モデル iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard
Bluetoothキーボード

iPad Proは「Smart Keyboard Folio」、iPad Airは「Smart Keyboard」に対応しています。

ちなみにiPad Airの「Smart Keyboard」は、「iPad Pro 10.5インチ」と同じSmart Keyboardなので、流用することが可能です。

またSmart Keyboardに対応していない機種でも、iPadは全ての機種がBluetoothキーボードに対応しているので、同じようにキーボードを使って入力することができます。

Macのキーボード「Magic Keyboard」が使えたり、「Smart Keyboard」のようにカバー一体型になっているものなど、好きなキーボードを自由に選べるのもポイント!

スピーカーの違い

iPad Pro 12.9 iPad Pro 11 iPad Air iPad iPad mini
4スピーカー 4スピーカー 2スピーカー 2スピーカー 2スピーカー

2スピーカーのモデルは、縦向きの向きで使ったときにしかステレオでバランスよく再生されません。

ところが「iPad Pro」には上下左右4つのスピーカーが搭載されているので、縦、横どちらの向きで使用しても、ステレオスピーカーで再生してくれるんです。
また上のスピーカーが高音、下のスピーカーから低音が流れるような仕組みもあるので、動画を大迫力のサウンドで楽しみたい方は「iPad Pro」のほうが満足できると思います。

外付けスピーカーや、イヤフォン、ヘッドフォンで楽しむ場合は、スピーカーの数は関係ありません。

「iPad」「iPad Pro」「iPad Air」「iPad mini」どれがおすすめか

「iPad Pro 12.9インチ」が向いている方

  • 動画編集など高度な作業を行いたい
  • 顔認証でロック解除したい
  • iPadでイラストや画像編集などを本格的に描きたい
  • USB-Cの機器が使いたい
  • ディスプレイが大きなのがいい
  • 「Apple Pencil (第2世代)」を本体にくっつけて充電したい
  • 「Smart Keyboard Folio」でパソコンみたいに使いたい
  • 4スピーカーで動画を大迫力サウンドで楽しみたい

最先端の機種が使いたい方や、iPadでクリエイティブな作業をしたいという方は最新の「iPad Pro」がおすすめです。

iPhoneでも採用されている「Face ID」で顔認証ロック解除ができますし、本体ギリギリまで広がったディスプレイは没入感がすごいです。

12.9インチというノートパソコンに並ぶ画面サイズは、大きめの雑誌をほぼ原寸大で表示させることができたり、イラストを描くときも快適そのもの。

「Apple Pencil(第2世代)」も本体にくっつけて充電できるようになり、使い勝手が大きく向上しています。
またiPad Proにのみ搭載されている「ProMotionテクノロジー」という機能により、ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzから120Hzに向上にするため、Apple Pencilの描き心地がさらに向上しています。

さらに充電ポートが「USB-C」に変わったので、USB-Cの周辺機器がiPadで使えるようになっています。
USB-C対応の外付けモニターに繋いで、iPadの画面をモニターに映しだしたり、デジカメと繋いで写真を直接転送することもできます。

ルック
ノートパソコンの代わりに使う方は、12.9インチを使っている方が多い印象!

「iPad Pro 11インチ」が向いている方

  • 動画編集など高度な作業を行いたい
  • 顔認証でロック解除したい
  • iPadでイラストや画像編集などを本格的に描きたい
  • USB-Cの機器が使いたい
  • コンパクトでディスプレイは少しでも大きいのがいい
  • 「Apple Pencil (第2世代)」を本体にくっつけて充電したい
  • 「Smart Keyboard Folio」でパソコンみたいに使いたい
  • 4スピーカーで動画を大迫力サウンドで楽しみたい

「iPad Pro 12.9インチ」と画面サイズ以外はまったく一緒ですが、持ち運びを頻繁にされる方や、12.9インチは大きすぎると考えている型は「iPad Pro 11インチ」がおすすめです。

性能以外にも、USB-Cやカメラなどの性能もまったく同じです。

値段は12.9インチよりも少し安く購入できます。

「iPad Air」が向いている方

  • 「iPad」よりも性能がいいのがいい
  • 「iPad Pro」より価格を抑えたい
  • 「Touch ID (指紋認証)」がいい
  • 「Smart Keyboard」でパソコンみたいに使いたい
  • Lightning機器が使いたい

iPadよりも高性能なチップを搭載しているので処理性能にも余裕がありますし、「Smart Keyboard」に対応しているのでノートパソコン風のスタイルで使うことも可能なiPad Air。

値段と性能のバランスの取れたいい機種だと思います。Airを買っておけば困ることはほぼないはずです。

ルック
iPad Pro までは必要ないけど、iPad以上の性能と機能が欲しいという方におすすめ!

「iPad」が向いている方

  • 価格を抑えたい
  • ネットサーフィンや電子書籍などが中心で重たい作業はあまりしない
  • Lightning機器が使いたい

新型「iPad Pro」はとても優れたタブレットですが、手を出しづらい価格ですよね…

iPadで画像や動画編集したり、「Smart Keyboard」でパソコンスタイルにして使いたいなど、ヘビーな使い方をしないのであれば、コスパに優れたこの「iPad」がおすすめです。

11インチの「iPad Pro」と比べると半額近い価格で購入できるのは魅力的ですよね…!

「Apple Pencil」も使えますし、必要十分な処理性能。

ルック
iPadを初めて購入を考えている方や、電子書籍や動画鑑賞を中心に楽しもうと考えている方におすすめ!

「iPad mini」が向いている方

  • 外で気軽に使いたい
  • Apple Pencilは使わない
  • 価格を抑えたい
  • Lightning機器が使いたい

iPadの中で最もコンパクトなモデルなので、持ち運びが多い方や、iPhoneのように外でも気軽に使いたい方に向いています。

2019年3月に久しぶりにモデルチェンジが行われ、最新の「A12 Bionic」が搭載されスペックが大きく向上したり、「Apple Pencil」にも対応したので、miniという名前ですが、中身はまったくminiじゃないモデルとなりました。

ルック
Apple Pencilと一緒に持ち歩いて、コンパクトな電子メモ帳として使うのは便利そう!

「Wi-Fiモデル」か「Wi-Fi + Cellularモデル」

iPadには全モデルで、「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi + Cellularモデル」の2種類が用意されています。

「Wi-Fiモデル」は名前の通り、Wi-Fi通信しかできないモデルで、自宅のWi-Fiや、カフェなどのフリーWi-Fi、モバイルルーターを利用して通信します。

「Wi-Fi + Cellularモデル」は、iPhoneのように通信会社と契約することで、外でも単独で通信することができます。

「Wi-Fiモデル」がおすすめの方

  • 自宅での使用が多い
  • 外ではiPhoneのテザリングかモバイルルーターを利用して通信する
  • 本体価格が安いものがいい
  • 通信費を増やしたくない

外での通信をそこまで頻繁に行わないということであれば、「Wi-Fiモデル」でいいと思います。

本体も安く入手できますし、通信費もかかりません。

また「iPhone」を持っていれば、連携して簡単にテザリングで通信することもできます。

「Wi-Fi + Cellularモデル」がおすすめの方

  • 外で頻繁に使う
  • テザリングやモバイルルーターは面倒
  • カーナビとして利用したい

スマートフォンのように外で頻繁に使う場合は、「Wi-Fi + Cellularモデル」がおすすめです。

「Wi-Fiモデル」でも「iPhone」を持っていればテザリングで繋ぐこともできますが、接続するのに多少の操作が必要なので、スマートフォンのように気軽には使いづらいです。

また「Wi-Fi + Cellularモデル」には「GPS」が搭載されているので、カーナビや「ポケモンGO」を遊びたい場合は「Wi-Fi + Cellularモデル」を選びましょう。

ストレージ容量の選び方


iPhoneと同じで、iPadにもストレージ容量のバリエーションがあります。

「32GB」からの容量があり、多いものではなんと「1TB」のモデルもあるんです。

32GB、64GBがおすすめの方

  • 動画を音楽はあまり保存しない
  • 容量の多いアプリをそんなに入れない
  • データはクラウドで管理する

動画や音楽をそこまでたくさん保存しないということなら、32GB、64GBでいいと思います。

また写真や動画をたくさん扱うという場合でも、クラウドを使って、データを整理しながら使うという場合はこの容量でも十分いけます。

128GB以上がおすすめの方

  • 動画や音楽、写真をたくさん保存する
  • 容量の多いアプリをたくさん使う
  • データの整理は面倒

128GB以上あれば、データの容量を気にせずにガンガン保存できます。

「Apple Music」などの音楽聴き放題サービスを契約して音楽をダウンロードしまくってもいいですし、電子書籍を本体に保存しまくってネット環境がな居場所でもどこでも読書できるようにするのも面白いですよね。

「512GB」「1TB」というパソコン並みの容量もありますが、こちらは動画をたくさん保存したいという方向けで、一般的には「128GB」「256GB」もあれば困ることはないと思います。

まとめ

  • クリエイティブな作業を行うなら「iPad Pro」
  • 値段と性能のバランスに優れているのは「iPad Air」「iPad mini」
  • 費用を抑えたい方、インプット作業中心なら「iPad」
  • 外で頻繁に使うなら「Wi-Fiモデル」よりも「Wi-Fi + Cellularモデル」
  • 動画や音楽、アプリをたくさん入れるなら容量は多いほうがいい

モデルがたくさんあって悩みますが、自分がどんな使い方をするのかをよく考えると、自分に合ったモデルが見えてきます。

パソコンの代わりとして使ったり、画像や動画編集、イラストをバリバリこなしたい方は「iPad Pro」がおすすめですが、そこまで必用ない方は「iPad Air」「iPad mini」で困ることはないと思います。

ネットサーフィンや、電子書籍など、インプットな作業が多い方は、コスパのいい「iPad」がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!