【iPad Pro】価格が高い「Smart Keyboard Folio」の代わりにおすすめなキーボード3選

2018年の新型iPad Pro 11インチ、12.9インチが登場しましたね。

「iPhone」のようにホームボタン、ベゼルレスになったり、USB-C採用でパソコンと同じように様々な周辺機器が利用できるようになったりと、従来のiPadよりも格段に進化しています。

そして専用のキーボード「Smart Keyboard Folio」を装着することで、ノートパソコンのような使い方ができるようになります。

しかし「Smart Keyboard Folio」は2万円以上と少し手が出しづらい価格…

そこで今回は「Smart Keyboard Folio」よりも安くておすすめのキーボードを3個まとめてみたので紹介します!

Magic Keyboard

  • Macのキーボードがそのまま使える・共有して使うことが可能
  • 打ち心地がいい
  • JIS・US配列が選べる

本体とドッキングさせて使うキーボードではありませんが、Macでお馴染みのApple純正キーボード「Magic Keyboard」です。

「iPad Pro」を立たたせるためのスタンドの役割も担う「Smart Folio」などのケースなどと組み合わせることで、「Smart Keyboard Folio」と同等の使い方が可能です。

本来はMacのキーボードとして使われるものなので、キーの配列や打ち心地は「Smart Keyboard Folio」よりも勝っています。

またMacでも使用する場合は、切り替える度に毎回ペアリングは必要になりますが、1つのキーボードを共有して使うことができるので、新たにキーボードを買う必用がなく経済的です。

「Smart Keyboard Folio」の一体感や、利便性には適いませんが、入力がしやすいおすすめなキーボードです。

Logicool iK1042BKA

  • 超軽量で持ち運びが楽
  • 耐水性と耐久性が高い
  • タブレットとして使うときは軽量

次はLogicoolの「iK1042BKA」というキーボードです。

キーボード本体がとても薄く、180gと軽量なので、iPadと一緒に持ち運んでもまったく重くなりません。

「Smart Keyboard Folio」はタブレットとして使いたいとき、カバーが本体にくっついているため、手に持っていると重たく感じてしまいますが、「iK1042BKA」は、タブレットとして使いたいときはiPadだけ手に持てばいいので軽い状態で使用できます。

スタンドになるカバーとの相性が最高です。

ELTD iPad Pro キーボードカバー

  • キーボード、カバーが一体型
  • Smart ConnectorではなくBluetooth
  • 3000円程とリーズナブル

有名なメーカーの商品ではありませんが、とてもリーズナブルな「Smart Keyboard Folio」のようなキーボード一体型のケースです。

「Smart Connector」での接続ではなくBluetoothキーボードになります。

わずか数千円で購入できてしまうので、あまり費用をかけたくないという方におすすめです。

まとめ

  • Macと共有させて使いたい場合は「Magic Keyboard」
  • 軽量で持ち運びが楽なのは「iK1042BKA」
  • 3000円程で購入できるキーボード一体型カバーもある

「Smart Keyboard Folio」はたしかに素晴らしい製品なのですが、金額は少し高いですよね。

ペアリングや充電をしなくてもいいというメリットもありますが、2万円という価格はちょっと躊躇してしまいます。

そこで「Magic Keyboard」などのBluetoothキーボードをパソコンと共有して使うのも一つの方法ですし、あまりお金をかけたくないという場合はAmazonなどで安く販売されているものを利用してみるのも手です。

ラコタ
個人的には入力のしやすくて、Macでも使える「Magic Keyboard」がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!