「iPad Pro 2018」のメモリ容量は、やはり1TBモデルのみ6GBで確定

昨日発売された新型「iPad Pro 2018」ですが、少し前からストレージが1TBモデルのみ、メモリ(RAM)が6GB積まれるような噂がありました。

発売されて、実際に購入したユーザーによるベンチマークスコアが多数報告されたことにより、やはり1TBモデルのみ6GBが搭載されていることが確定しました。

モデル メモリ容量(RAM)
iPad Pro 2018(64GB) 4GB
iPad Pro 2018(256GB)
iPad Pro 2018(512GB)
iPad Pro 2018(1TB) 6GB

また、11インチが4GBで、12.9インチが6GBなんじゃないかとの噂も浮上しましたが、画面サイズは関係なく、どちらもストレージの容量でメモリの容量が違うそうです。

これまでiPhone、iPad共に、ストレージ容量によってメモリ容量が異なることはなかったので今回の件は衝撃です。

普段使いでは4GBでも特に問題ないとは思いますが、来年登場予定のフル機能を備えた「Photoshop」などのアプリでは多少6GBのほうが有利になるかもしれませんね。

しかし1TBモデルを選択して、「Apple Pencil」もセットで購入すると、20万円以上はかかってしまうので、正直「Apple Pencil」を使った画像編集やイラストを使いたいという方でなければ、その資金をMacなどに回したほうがいいが懸命かもしれません。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!