iOS「PS4 Remote Play」の使い方・注意点!DUALSHOCK4を使う方法も

SONY公式からiOS端末用PS4リモートアプリが登場!

‎PS4 Remote Play
‎PS4 Remote Play
PS Vitaや、パソコンに画面を映して遠隔でPS4を遊べる「リモートプレイ」という便利な機能がありますが、2019年3月7日にPS4のアップデート(バージョン6.50)が配信され、iOSでもPS4のリモートプレイが公式で遊べるようになりました!

App Storeからダウンロードできる「PS4 Remote Play」を介して、iPhone、iPadでPS4で遊べるようになります。

「PS4 Remote Play」の特徴

  • Wi-Fi でPS4にいつでもどこでもアクセスできる
  • PS4の画面をモバイル機器に表示できる
  • モバイル機器に表示されるコントローラーを使って、PS4を操作できる
  • モバイル機器のマイクを使って、ボイスチャットに参加できる
  • モバイル機器のキーボードを使って、PS4へ文字を入力できる

「PS4 Remote Play」を使えば、iPhone、iPadにPS4の画面を表示して、画面に一緒に表示されるコントローラーをタッチ操作で遊ぶことができます。

またiOS端末のマイクを使ってボイスチャットに参加したり、文字入力も簡単に入力することもできます。

「PS4 Remote Play」の注意点

DUALSHOCK4などのコントローラーには対応していない(※)

まず基本的にDUALSHOCK4などのコントローラーには対応していないため、画面に表示されるソフトウェアコントローラーを使ってゲームを操作します。

スマートフォン向けゲームと同じようにタッチパネルで操作することになるのですが、アクションゲームなど高度な操作が必要なゲームにはあまり向きません。

アカウントを2つ利用する裏技を使えば、一応DUALSHOCK4を使うことはできますが、PS4本体の近くじゃないと使えなかったり、設定が少し複雑です。

Wi-Fi環境でしか利用できない

モバイル回線には未対応のため、Wi-Fi環境でしか利用できません。

Wi-Fiルーターを使えば、外でも利用できるかもしれません。

「PS4 Remote Play」の使い方・設定手順

対応機種

  • iPhone7以上
  • iPad (第6世代)以上
  • iPad Pro (第2世 代)以上
iOS12.1 以降がインストールされている必用があります。[/aside]

iOS端末に「PS4 Remote Play」をインストール

‎PS4 Remote Play
‎PS4 Remote Play
まずiPhone、iPadに「PS4 Remote Play」をインストールします。

アプリは無料でダウンロードできます。

PlayStation4本体の電源を入れておく

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
最初はiOS端末とPlayStation4本体をリンクさせる必要があるため、本体の電源を入れておきます。

「PS4 Remote Play」を起動する

iOS PS4 Remote Play 設定
先ほどインストールした「PS4 Remote Play」を起動し、「はじめる」を選択します。

iOS PS4 Remote Play 設定
自分のPSNアカウントのID(メールアドレスとパスワードを入力してサインインします。

iOS PS4 Remote Play 設定
しばらくすると自動で繋がります。

リモートプレイ完了!

iOS PS4 Remote Play

PS4とリンク後、iOS端末の画面にPS4の画面が表示されて操作できるようになります。

縦向きでも横向きでも遊ぶことができ、縦だとゲーム画面は小さいですが、ボタンが画面にかぶることはありません。

ラコタ
昔のゲームボーイを思い出す(笑)
iOS PS4 Remote Play

横向きにすると、ボタンもゲーム画面上に表示されますが、ゲーム画面が大きく表示されます。

また一度設定してしまえば、次回からはPS4本体がスリープの状態でも、iOS端末から「PS4 Remote Play」を起動するだけで遠隔で本体を起動させることができます。

画質・反応も良

iOS PS4 Remote Play
実際に遊んでみましたが、画質もよく、ラグもほとんど感じなくて驚きました。

パソコンのリモートプレイとクオリティはほとんど変わらず安定しています。

音ゲーや、格ゲー、FPSなどの反応速度が重要なゲームには向かないと思いますが、その他のゲームでは問題ないはず!

タッチパネルでの操作は、ゲームによっては難しい

iOS PS4 Remote Play
基本的にはタッチパネルでの操作になるので、高度な操作が必要になるアクションゲームなどには向きません。

「ドラゴンクエスト11」はキャラクター移動とコマンド操作がメインなので意外とできました。

スマートフォンゲームに慣れている方であれば結構普通に操作できると思います。

DUALSHOCK4を使う裏技!

PS4本体の近くにいるときに限りDUALSHOCK4を使用できる

PS4とDUALSHOCK4が通信できる距離にあるときであれば、DUALSHOCK4で遊ぶ裏技もあります。

ラコタ
家族にテレビを使われているときや、寝る前の布団の中で遊びたいときに便利です!

準備するもの

  • DUALSHOCK4
  • メインのアカウント
  • リモートプレイコントローラー用のアカウント

いつも使っているアカウントの他に、もう一つアカウントが必要になります。

もし二つアカウントを持っていない場合は、もう一つ作りましょう。

アカウントを作成するだけでなく、PS4のメニューでユーザーももう一つ作って、二つ目のアカウントと紐付けさせます。

使う手順

「PS4 Remote Play」を初めに使ったときに、自分のアカウントでサインインしたと思いますが、DUALSHOCK4を使いたい場合、自分のゲーム用のアカウントではなく、二つ目のアカウントでサインインする必要があります。

アカウントの変更は起動画面の右上の設定から変更できます。

そして、二つ目のアカウントを使い、「PS4 Remote Play」でリモートプレイをします。


二つ目のアカウントのホーム画面がiOS端末に表示されたら、DUALSHOCK4の「PSボタン」を押します。


ユーザー切り替え画面が出るので、自分のゲームで使用している一つ目のアカウントを選択します。

iOS PS4 Remote Play DUALSHOCK4
すると、メインで使っているアカウントをDUALSHOCK4で操作できるようになります!

もしアカウントが切り替わらない場合は、もう一度「PSボタン」を押すと切り替わります。

ラコタ
これでコントローラーでいつもと同じ操作性で遊べるようになります!

スマホマウントを使うと遊びやすくなる

DUALSHOCK4用のスマートフォンマウントがあり、これを装着することでDUALSHOCK4とiPhoneが一体化して、自由な姿勢で遊びやすくなります。

外でもコントローラーで遊びたい場合は「R-Play」がおすすめ!

「PS4 Remote Play」でDUALSHOCK4を使う場合は、PS4の近くでしか利用できないため、外では使えません。

もし外出先でもコントローラーで遊びたい場合は、非公式リモートプレイアプリ「R-Play」がおすすめです。

こちらは「 MFiコントローラー」が利用できるので、PS4本体から離れても遊べるんです。

まとめ

  • クオリティも高く、安定している
  • 操作が簡単なゲームとの相性抜群
  • 思いっきり遊びたい場合はコントローラーの使えるR-Playがおすすめ

前から非公式リモートプレイアプリ「R-Play」はありましたが、ついにSONY公式からも登場しました!

クオリティも高く、アプリも無料でダウンロードできるのもすごいのですが、コントローラーを正式に対応してほしいところ^^;

アカウントを2つ使った方法を使えば一応DUALSHOCK4を使うことはできますが、PS4本体の近くじゃないと使えないので、コントローラーで遊びたい場合は「MFiコントローラー」の使える「R-Play」がおすすめです。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!