「Hey Siri、電気をつけて」iPhoneのSiri対応スマートリモコンはこれだ!

Siri対応じゃなくてもIFTTT対応してるスマートリモコンならSiriで操作可能!だがしかし

Siri対応のスマートリモコンはほとんど種類がはいのですが、IFTTT対応の表記があれば、基本的にはSiriにも対応できます。

ただし設定がやや複雑なので、Google HomeやAmazon Alexaで利用するときよりも難易度は格段に上がります。

スマートリモコンアプリに登録したリモコン情報を、IFTTTで登録して、またそれをSiriショートカットに登録しなければいけないのと、IFTTTが日本語表記に対応していないので結構面倒なんですよね…

Siriショートカット対応品であれば簡単にSiriで利用できる

IFTTT対応のスマートリモコンであれば、設定をすることでSiriにも対応できますが、IFTTTのアカウントも作成しないといけなかったり、IFTTTが英語表記なので設定は簡単とは言えません。

  • Nature Remo
  • ラトックシステムのスマート家電コントローラ

ところが、上記スマートリモコンであれば、IFTTTを使わなくても簡単にHey Siriで利用できるんです。

メーカーアプリ+IFTTT+ショートカットアプリ

でやっていたのが、

メーカーアプリ+Siriショートカット

だけででよくなります。


Nature Remoと、ラトックシステムのスマートリモコンは、メーカーアプリで登録した家電情報を、ショートカットアプリに直接登録することができるので、IFTTTを利用するよりもシンプルでとても簡単にSiriで利用することができます。

まとめ

  • IFTTT対応のスマートリモコンであれば基本的にSiriにも対応
  • IFTTT経由の場合は設定がやや複雑
  • Siriショートカット対応のスマートリモコンは、IFTTT不用で簡単にSiriが使える

IFTTT対応のスマートリモコンであれば、基本的にはSiriにも対応できますが、設定が少し複雑になるので、簡単に利用したい方はNature Remoや、ラトックシステムスマート家電コントローラがおすすめです。

またHey Siriに対応させれば、Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーがなくても音声で操作できるようになるので結構おすすめです。

さすがにスマートスピーカーには反応や認識性能で劣りますが結構使えます。スマートスピーカーは設置した部屋でしか利用できませんが、iPhoneはどこでも持ち運べるので、好きな部屋からでも利用できるのもポイント!

ラコタ
スマートスピーカーではなく、Siriで利用したい方におすすめのスマートリモコンですね!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!