Alexa対応音声認識リモコン (第二世代)が付属した「Fire TV Stick」が新登場!リモコンの違いを解説

「Fire TV Stick」は現在、「Fire TV Stick」と「Fire TV Stick 4K」の2種類のモデルが販売されています。

そして「Fire TV Stick 4K」のみに「Alexa対応音声認識リモコン (第2世代)」が付属していましたが、普通の「Fire TV Stick」にも「Alexa対応音声認識リモコン (第2世代)」が付属して新登場しました。

お値段据え置きで¥ 4,980で販売されますが、従来の第1世代リモコンのモデルも併売され、¥ 3,980と1000円ほど値下がりして販売されています。

またリモコンの違いだけで本体のスペック等はまったく同じです。(Fire TV Stick 4Kは除く)

「第1世代」と「第2世代」のリモコンの違い

  • 第2世代はリモコンにテレビの「電源ボタン」「音量ボタン」が追加
  • 第2世代は音声でもテレビの電源操作、音量操作ができる
  • Alexa自体は第1世代のリモコンでも利用できる

第2世代のリモコンには、テレビの「電源ボタン」「音量ボタン」「ミュートボタン」が追加されているので、テレビのリモコンを使わなくても「Fire TV Stick」のリモコンだけでテレビの電源を入れたり、音量を変えたりできるようになりました。

「第1世代」の場合は、テレビの電源、音量操作はテレビのリモコンで操作する必要があったため、リモコンを2つとも操作する必要がありましたが、「第2世代」のリモコンではFire TV Stickを楽しむときは1つのリモコンだけである程度の操作ができるためスッキリします。

さらにすごいのが、音声操作にも対応しているため、リモコンに向かって「テレビの電源を入れて」「テレビの音量を下げて」と伝えるだけでボタンを押さずに音声だけで変更してくれます。

またテレビ以外にも対応したオーディオ機器も操作できるようです。

対応した機器じゃないと操作できません

まとめ

  • 4Kもテレビ操作も不要な方はコスパのいい「第1世代リモコン付属モデル」
  • 4Kは不用だけどテレビ操作が欲しい方は「第2世代リモコン付属モデル」
  • 4Kで見たい方は「4Kモデル」

従来の第1世代リモコン付属のモデルも併売されるため、3種類の「Fire TV Stick」が販売されていますが、上記のような選び方でいいと思います。

「たかが電源ボタンと音量ボタンが追加されただけじゃん」と思うかもしれませんが、電源操作は別として音量操作は頻繁に使うため、FireTVのリモコンでこの操作ができるだけで利便性がかなり向上します。

ラコタ
僕のは第1世代リモコンなので正直羨ましい…!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!