「dカードGOLDケータイ補償」でAppleCare +などの補償サービスは不用?

「dカードGOLD」を持っていると無料でケータイ補償サービスがついてくる

ドコモのクレジットカード「dカードGOLD」を契約すると、無料の携帯補償が付いてきます。

この補償では、紛失・盗難・修理不能(水濡れ・全損)などに対応し、万が一の紛失や修理不能時、同一機種・同一カラーのケータイ購入をご購入から3年間、最大10万円補償サポートしてもらえます。

今回は、この補償があれば「携帯会社の補償サービス」や「AppleCare+」を契約しなくてもいいのかを考えてみました!

「AppleCare +」「ケータイ補償サービス」と比較(ドコモのiPhone XRの例)

dカードGOLDケータイ補償 ケータイ補償サービス AppleCare+
費用 付帯サービス 月額750円
(2年間で18,000円)
16,800円
補償期間 購入してから3年間 加入し続けていれば期限なし 購入してから2年間
補償回数 1年に1回まで 1年間に2回まで 2年間に2回まで
修理費用(修理ができる場合) × 11,000円 11,800円
修理費用(画面割れ) × 11,000円 3,400円
修理費用(水濡れ・全損等の修理不能) 最大100,000円補償 11,000円 11,800円
修理費用(紛失・盗難) 最大100,000円補償 11,000円 ×

ドコモで「iPhone XR」に補償をつけた場合の例を紹介します。

dカードGOLDは、カードを持っていて、自分のスマートフォンを登録しておけば無料で補償が受けられます。

ドコモの「ケータイ補償サービス」「AppleCare+」はどちらもほとんど同額(2年間で)となりますが、補償の内容が結構違うので、自分に合ったほうを選びましょう。

【注意】「dカードケータイ補償」は全損・粉失・盗難失のみ有効

注意しないといけないのが、「dカードケータイ補償」は、「全損」「紛失」「盗難失」にしか効かなく、「故障」や「画面の割れ」などの修理可能な故障には補償が効きません。

ラコタ
修理の場合は修理費を自腹で支払うしかありません…

管理人は「dカードケータイ補償」のみで「AppleCare +」は未契約


管理人は「dカードケータイ補償」のみで「AppleCare +」を契約していません。

その理由はこちら

【理由1】「AppleCare +」が高すぎる

iPhoneの本体代金も今や10万円を超える価格になっていますが、それに伴い「AppleCare +」の料金も値上がり、端末代と合わせると結構な金額になります。

そして「AppleCare +」に加入したとしても、修理する場合でも多少ですが修理費用もかかってしまいます。

「AppleCare+」に入っていない場合の修理よりは断然安く抑えられますが、無料で修理できるわけではないので注意です。

【理由2】これまでiPhoneを壊したことがなく、補償サービスを利用したこともない

長年iPhoneを使ってきて、リコールによる交換は一度だけありましたが、これまで一度も破損させたことがなく、補償を利用して修理に出したことがありません。

ラコタ
故障したことがないことはいいことですが、ちょっと損してる気もしますね…

【理由3】「dカードGOLDケータイ補償」でも全損・紛失には対応してもらえる

「dカードGOLDケータイ補償」は、画面割れなどの全損にならない修理可能な修理では対象外ですが、全損・紛失には最大で10万円まで補償されます。

対象外の修理の場合は諦めて修理費を払うしかありませんが、一番出費が大きい、全損・紛失で補償されるので、なかなかの安心感があります。

【理由4】購入から1年間、自然故障は無償修理

購入から1年間はメーカーの補償がついているので、自然故障による故障は無償で修理してもらえます。

「dカードGOLDケータイ補償」と合わせれば、ユーザー自身での故障以外はほとんどカバーされます。

今のiPhoneは耐水性能もありますし、落下による故障だけ避ければ、意外と大丈夫そうです。

ちなみに毎年新しいモデルのiPhoneに買い替えている方は、ほぼ無料補償がついた状態になっています。

【理由5】耐衝撃ケースを装着させて破損リスクを減らしている

「dカードGOLDケータイ補償」で全損・紛失には補償が効きますが、ユーザー自身の不注意による故障には補償が効きません。

そこで考えたのが、耐衝撃ケースなどの頑丈なケースに入れて本体を守る方法です。

耐衝撃ケースとは、落下時にiPhoneへの衝撃を緩和させる効果があり、画面割れなどのリスクを減らすことができます。

iPhoneは耐水性能もついたので、衝撃への対策さえしてしまえば、そう簡単には壊れません。

まとめ

  • 全損・紛失には10万円の補償がきく
  • 画面割れや修理の場合は補償がきかない
  • 加入しない場合は、耐衝撃ケースなど対策しよう

「dカード GOLD」の補償は一般的な補償と少し違い、全損・紛失には10万円の補償が効いて、画面割れや修理の場合は補償が効かないという少し特殊な補償です。

特に画面割れには効かないので、よく画面を割ってしまう方は「AppleCare+」などの補償にも加入することをおすすめします。

しかし破損させたことがない・滅多にしないという方であれば、意外とこの補償だけでもいいのかもしれません。
耐水性能がついたので水にも強くなりましたし、耐衝撃ケースなど頑丈なケースを装着すれば画面割れのリスクも減らせます。

ラコタ
補償の有無に関わらず端末が高額なのでケースの装着をおすすめします!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!