【レビュー】「BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯」ペーパーライクフィルムはもう不用!

Apple Pencilって滑りやすくて書きにくくない?


Apple Pencilは書きにくいと感じたことがある方も少なくないと思います。

ガラスでできたiPadのディスプレイの上で書くので、ペン先がスルスル滑って書きにくいんですよね。

ペーパーライクフィルムという、ディスプレイに少しザラザラしたフィルムを貼って抵抗を増やし、鉛筆のような書き心地にするフィルムもありますが、せっかくのRetinaディスプレイの画質が落ちてしまうというデメリットがあります。

そして今回、iPadの美しい画面はそのままでもペーパーライクな書き心地にする凄いアイテム「ブライトンネット BM-APRPSIN Apple Pencil 1/2用替え芯(ソフトタッチ)」が登場したので、レビューしてみます!

ブライトンネット BM-APRPSIN Apple Pencil 1/2用替え芯(ソフトタッチ)の特徴

  • Apple Pencil 第1/2世代用の替え芯
  • ABS/PE製で滑りにくいソフトタッチな書き心地を実現
  • ペン先部の色が黒で、書くときの位置がわかりやすい
  • 純正替え芯よりもリーズナブル

これまではフィルムで滑りにくさを実現していましたが、今回はApple Pencil自体のペン先を滑りにくい材質のものに交換して、ペーパーライクな書き心地を実現するという製品です。

そのため、iPadの画面はフィルムを貼らない状態または、画質の落ちにくいガラスフィルムを貼った状態のままでも、書き心地を改善することができるんです。

ラコタ
ペーパーライクフィルムの画質低下に抵抗があった方に朗報な商品が出ましたね!

「BM-APRPSIN ApplePencil 1/2用替え芯(ソフトタッチ)」レビュー

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
それでは開封してレビューしていきたいと思います!

外観

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
外観は目立った違いは色だけで、形状、サイズはほとんど変わりありません。

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
触ってみると、純正の替え芯はツルツルした触り心地なのに対し、この替え芯は少しだけゴムのような滑りにくさを感じました。

この替え芯は3本入りで、4本入りのApple純正のものより1本少ないですが、1本単位の単価はブライトンネットのほうが少し安価です。

Apple Pencil (第1世代)に装着

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
Apple Pencil(第1世代)に装着してみます。

ペン先は共通部品なので、第1世代、第2世代どちらのApple Pencilにも装着できます。

交換方法は純正とまったく一緒で、ネジを外す方向に回すと緩んで外れ、装着するときは反対方向に回すと締まって装着できます。

純正の替え芯に戻すのも簡単なので、純正とブライトンネットの替え芯をシーンによって使い分けることもできます!

何これ!?超書きやすい!

実際に書いてみると…

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
ラコタ
すげええええええ!書きやすううううううい!!!

これまではペン先がスルスルして滑りやすくて書きにくかったのが、この替え芯に変えると、滑りにくくて凄く書きやすい!

これまで滑らないようにと手に力を入れながら書いていたのが、滑りにくいので、そんなに力を入れなくても大丈夫になりました。

滑りにくいと言っても、絶妙な抵抗感で引っかかるようなことはありません。

他のペンで例えると、標準のペン先が滑りやすいボールペンで、この替え芯は鉛筆、シャーペンのような感じです。

僕はボールペンのぬるぬる滑る感じがあまり得意ではなかったので、この滑りにくい替え芯の書き心地は大変気に入りました!

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
「Procreate」を使ってドラえもんを描いてまたしたが、前よりも上手く描けた気がする(笑)
上手いかどうかは置いておいてブレにくくて描きやすかったです。

ペン先が黒なのもメリット大

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
白いペン先で白い背景に書こうとすると、背景とペン先が同色で位置がわかりにくくて書きにくいと感じることが多々ありました。

この替え芯は黒いカラーなので、ディスプレイの上でもペン先が目立って、書きたい位置からずれてしまうということが激減!

注意点

  • 純正より摩耗しやすい
  • ペーパーライクフィルムとの併用はNG

メリットばかり挙げましたが、注意点、デメリットもあります。

滑りにくい素材でできているので、純正のペン先よりも摩耗が早いということです。
少し試しただけでは、摩耗しているとはまったく感じませんでしたが、抵抗があるため純正よりも減りやすいと注意書きにありました。

また同様の効果が見込めるペーパーライクフィルムとの併用はさらに摩耗が激しくなるため、併用できないそうです。

ペン先の摩耗については、ペーパーライクフィルムでも純正の替え芯の摩耗速度が上がるので、しょうがないですね…

Pencil Barrierとの相性抜群!

BM-APRPSIN Apple Pencil用替え芯
この替え芯だけでもかなり書きやすくなりますが、Apple Pencilに装着することで持ちやすさが向上するカバー「Pencil Barrier」と併用することで、更に書きやすくなります。

ラコタ
最高のApple Pencilが誕生した…

まとめ

  • 絶妙な抵抗で、書きやすさが大幅に向上
  • ペーパーライクフィルムのように画質を落とす心配なし
  • 黒くてペン先が確認しやすい
  • 交換容易でいつでも純正に戻すことができる
  • 純正よりも摩耗しやすい

ペーパーライクフィルムを貼ると画質が落ちるのがネックでしたが、画質を低下させることなく、書きやすさを向上できるこの替え芯は神アイテムでした!

ペン先を交換するだけで手軽に使えますし、黒いペン先なのもペンの位置が確認しやすくてGOOD!

摩耗はしやすいようですが、純正の替え芯よりも安いですし、1本当たり数百円なので、そこまで気にする心配はないかなと思います。

またPencil Barrierとの組合せも、書き心地が抜群に良くなるのでおすすめです!


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!