【Apple Pay】 Suicaにチャージしても残高が反映されないときの対処方法

Apple PayのSuicaなら、駅の券売機に行かなくても、登録したクレジットカードからチャージすることができるので、いつでもどこでも好きな時にチャージすることができます。

ラコタ
Apple PayのSuicaは定期券や特急券も買えてすごく便利なんですよね!

Suicaを利用しても、チャージしても反映されない問題発生


これまでまったく問題なく利用できていたのですが、ある日からSuicaを利用しても残高が変わらず、Apple Payに登録しているクレジットカードからSuicaにチャージをしても残高に反映されなくなりました。

チャージしたときに「ピコーン!」としっかり決済音が鳴っているのにも関わらず反映されないとは、無駄にお金だけが取られているんじゃないかと心配だ…

チャージが反映されないときは、ヘルプモードをオンにすると解決できる!

このようにSuicaを利用しても、チャージしても反映されないときは、ヘルプモードをオンにしてあげることで改善する可能性があります。


「Wallet」アプリを開き、Suicaを選びます。

そして右上の「…」マークを押します。


「情報」タブを選択し、「ヘルプモードをオンにする」を押します。

これで作業は完了です。


すると、これまで反映できなかった分の通知が一気に来て、残高も正しい金額に反映されました。

ラコタ
めでたしめでたし…

【まとめ】ヘルプモードを有効にすると直る

チャージしても使用しても残高が反映されていないので、ヘルプセンターへ問い合わせないとダメかなと思ったのですが、ヘルプモードを有効にしただけで、見事に反映されるようになりました。

もしかしたら、少し前に自動販売機で利用しようとしたときに、エラーが出て決済ができなかったことがあったので、そこからうまく反映できていなかったのかもしれません。

ラコタ
同じようにお悩みの方はぜひお試しください!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!