新型「Apple Pencil(第2世代)」は何が違う?【徹底解説】

新型「iPad Pro」が登場しましたが、それに合わせて、新型「Apple Pencil(第2世代)」も登場しました。

「Apple Pencil(第2世代)」は何が変わったのか特徴や、注意点をまとめてみたので紹介します!

本体に磁力でくっつき、そのまま充電できるようになった


「Apple Pencil(第2世代)」は、iPad Proの側面に磁力で取りつけられ、取り付けるだけで自動でペアリングされて、さらにApple Pencilがワイヤレスで充電されます。

これまでLightningコネクタにぶすりと挿して充電していたのが、本体の側面にピタッとくっつけるだけでよくなったので、とても手軽に充電できるようになりました。

そして常にiPadにくっつけておけば、常に満充電された状態になるので、使いたいときにバッテリーが切れているという心配がいらなくなります。

無くさない&バッテリー切れがないというメリットは大きいですね!

端子がなくなり、シームレスなデザインに変わった

ワイヤレス充電になったことで、Apple pencilについてたLightningが撤廃されました。

それによりマット仕上げシームレスなデザインとなり、より美しいデザインになりました。

ころころ転がっていくキャップをなくすリスクがなくなりましたね!

さらにAppleの公式サイトで注文する場合は、Apple Pencilに自分の名前や、好きな文字を印字してもらうこともできるので、他の人のApple Pencilと間違うリスクも減らせます。

タップ操作が加わった

新しいApple Pencilでは、人差し指を置いている場所をダブルタップすると、ブラシのサイズやモードを切り替えられるようになりました。

またカスタマイズすることも可能で、最もよく使うツールに変更することもできるそうです。

イラストアプリで様々なペンを多用するイラストレーターの方にいいかも…!

【注意】新型「iPad Pro」でしか利用できない

「Apple Pencil(第2世代)」は、一緒に発売される新型「iPad Pro」のみにしか対応していません。

従来のiPadでは使用することができませんし、その逆で、新型「iPad Pro」に前モデルの「Apple Pencil」を使うこともできません。

もし新型「iPad Pro」「Apple Pencil(第2世代)」どちらかだけの買い替えを考えている場合は、どちらとも買い替えないとApple Pencilとしても機能が使えないのでご注意ください。

価格は4,000円近く値上がり

価格は10,800円(税抜き)から、14,500円(税抜き)となり、4,000円近く値上がりしました。

少し高く感じますが、ワイヤレス充電対応やタップ操作に対応したと考えれば妥当な価格ですね。

まとめ

  • 充電&ペアリングが手軽にできるようになった
  • iPad本体に磁力でくっつくので、保管が楽になった
  • タップ操作で作業効率が上がる
  • 値段は4,000円近く上がった

不評だった充電方式が改善されただけでも、素晴らしい進化ではないでしょうか。

管理人は、これまでApple Pencilの保管場所に困っていたので、iPad本体にピタッとくっつけておけるのは羨ましいです。

またタップ操作によるモード切替も凄く良さそうですね。ペンと消しゴムを切り替えるときに使ってみたい。

これまでのApple Pencilを使われていた方で、新型「iPad Pro」に買い替える場合は、Apple Pencilの買い替えも必須になるのでご注意ください。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!