iPadを買ったら「Apple Pencil」も買ったほうがいい?

「iPad Pro」といえば、「Apple Pencil」でiPadに手書きの文字やイラストが描けますよね。
(iPad 2018も可)

完成度も高く、非常に優れたペンなのですが、買っても使わなくなる方も少なくないようです。

そこで今回は「Apple Pencil」を買ったほうがいいのか、判断基準をまとめてみました。

「Apple Pencil」でできること

  • イラストアプリで絵が描ける
  • 「iWork」「メール」「PDF」へ手書きの注釈
  • ノートアプリでiPadを紙のノートみたいに使用

これまでのiPadは、大きい画面でブラウザや、動画を見たり、電子書籍を読んだりという使い方が多かったと思います。

「Apple Pencil」に対応したことにより、文字を書いたり、イラストを描いたりすることができるようになり、iPadの利便性が更に上がりました。

またメールやiWorkの資料に直接ペンで注釈を書き加えたりということもでき、教育、ビジネス用途でも大活躍しています。

「Apple Pencil」を買ったほうがいい人

  • イラストを描きたい
  • 資料やメールに手書きの注釈を加えたい
  • 紙のノートみたいに使いたい

当然ですが、iPadで字やイラストを書きたい方ですね。

iPadとApple Pencilを使って漫画を描いているプロの漫画家がもいるくらいApple Pencilは精度も高いので、何かを書きたい方にはマジでおすすめです。

逆に上記のペンによる手書きの作業をしない方の場合、Apple Pencilはなくてもいいと思います。

ブラウザや動画や電子書籍といった使い方だけなら、Apple Pencilは必要ありません。

その分のお金で、ケースやフィルム、キーボードを購入したほうが幸せになれると思います。

【まとめ】手書きをする必要がなければ不要

管理人は画像などに注釈を書き加えたかったので「Apple Pencil」は購入しましたが、イラストや手書きの文字を書くシーンがないのであれば、「Apple Pencil」は買わなくてもいいと思います。

逆に普段から手書きをする習慣がある方、これから書いてみたい方はおすすめです!
「Apple Pencil」は完成度が高いので、紙に書いているような錯覚にも陥いるくらいヤバいです。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!