Apple Payはカードを何枚まで登録できる?

iPhoneや、Apple Watchでキャッシュレス決済ができる「Apple Pay」ですが、複数のクレジットカードを登録できたりと、すごく便利に使うことができます。

そしてApple Payをしばらく使ってみて気になったことが、

ラコタ
Appleには何枚までカードを登録できるんだろう?

そこで、Apple Payには何枚までカードを登録できるのか調べてみました!

最大12枚まで登録できる(一部機種は8枚まで)

何枚まで登録できるのか、Apple公式サイトに書かれていました。

iPhone 8、iPhone X以降の機種 最大12枚
Apple Watch Series 3以降の機種 最大12枚
上記以前の機種 最大8枚

iPhone 8、iPhone X、Apple Watch Series 3 以降の機種は最大12枚まで登録でき、それ以前の機種では最大8まで登録することができます。

ラコタ
最大12枚ってすごい…!

そこまで多く登録する方はなかなかいないと思いますが、事業などで使う方には便利ですね!

【注意】Suicaなどのカードも含めて12枚まで

一つ気をつけなければいけないのが、最大登録枚数にはクレジットカードだけでなく、Suicaなどのカードの枚数も含むことです。

ただ12枚まで登録できるので、他のカードを含めたところでそこまで問題になることはないと思いますが、カードをたくさん登録される方は、頭の片隅に入れておいたほうがいいでしょう。

まとめ

  • iPhone 8以降の機種は12枚まで
  • iPhone 7以前の機種は8枚まで
  • 枚数にはSuicaなどのカードも含む

5枚くらいまでかな?と勝手に思っていたのですが、まさかの12枚も登録できることに驚きました。

12枚も登録できれば、そこまで困ることはないと思いますが、事業などで使う方は枚数が多いほうが便利ですよね!


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!