【Apple Pay】マスクを着用したまま決済する方法【Face ID】

Apple Payはマスクをしていると面倒(Face IDの機種)


Apple Payに登録したクレジットカードは、「iD」または「QUICPay」で使うことになりますが、決済前に認証が必要になります。

そして最近のホームボタンレスのFace IDを搭載した機種の場合、顔認証になるのですが、マスクを着用しているとうまく認証されず、決済ができません。

マスクを外して顔認証を通すか、パスコードを入力すことで決済できますが、少し面倒でふよね…

エクスプレスカードに設定したSuicaは認識不要!


マスクを着用したままでもApple Payで認証して解除する方法があります。

それはエクスプレスカードに設定したSuicaを使う方法です!

Apple PayではSuicaも使うことができますが、Suicaは電車の改札で中心に扱われるカードのため、いちいち認識をしていたら改札が詰まってしまいます。

そんなときに便利なのがエクスプレスカードという設定です。

Suicaなどの一部のカードにしか設定できない機能ですが、これを設定することで認証が不要になり、iPhoneを改札や、電子マネー読み取り端末にかざすだけで決済ができるようになるんです。

そのため、マスクをしていても全く問題なく決済できるようになります!

まとめ

  • Face IDの機種でApple Payを使うときはマスクをしていると決済できない
  • エクスプレスカードに設定したSuicaなら認証不要なので、マスクしていても決済できる

iPhone 8までのTouch IDのある機種のときは問題なかったのですが、 iPhone XからのFace IDの機種では、Apple Payがやや使いづらいなったように感じます。

一度に顔に向けて認証を通す必要がありますし、マスクをしていると決済ができなくなったんだですよね。

そこでおすすめなのが、Suicaを使って、エクスプレスカードを設定する方法です。

認証不要で端末をかざすだけで決済できるようになるので、Apple Payでの買い物が多い方におすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!