Apple PayのSuicaは「ビックカメラSuicaカード」を使わないと損する理由

Apple PayのSuica、めちゃくちゃ便利ですよね。

残高がいつでも見れる安心感があり、チャージもiPhoneからいつでもどこでもすることができます。

そしてApple PayのSuicaを使う場合、「ビックカメラSuicaカード」を使うとかなりお得なんです!

Apple Pay Suicaへのチャージで1.5%ポイント還元


Apple PayのSuicaへチャージするには、クレジットカードを使ってチャージされる方が多いと思いますが、クレジットカードによっては、Suicaのチャージはポイント還元対象外のカードも珍しくありません。

またポイントがつくカードでも多くても1%までのカードばかり。

しかし「ビックカメラSuicaカード」は、なんと1.5%も還元してくれるんです!

例えば、月に5万円分チャージしたとすると、1%のクレジットカードでは500円分のポイントしか貯まらないのに対し、「ビックカメラSuicaカード」では1.5倍の750円も貯まるんです。

たった250円と思われかもしれませんが、1年間で考えれば結構な差額になります。

貯まったポイントはそのままSuciaにチャージして利用することも可能!

通勤でSuicaを使う方や、コンビニでの買い物をSuicaで支払う場合は、断然「ビックカメラSuicaカード」がおすすめです。

年会費は実質無料!

「ビックカメラSuicaカード」は、年会費477円(税抜)がかかりますが、初年度は無料なのと、年1回でもクレジット利用すれば次年度の年会費は無料になります。

Apple PayのSuicaとしてこのカードを使う場合、チャージでクレジット利用になるので、使い続けていれば年会費はかかることはありません。

【注意点】ビックカメラでApple Payを利用する場合


「ビックカメラSuicaカード」なので、ビックカメラでのお買い物に「ビックカメラSuicaカード」にチャージしたSuicaで決済すると、「JRE POINT」と「ビックポイント」合わせて11.5%ものポイントが還元されます。

ただし注意点もあり、「ビックカメラSuicaカード」のカード自体にチャージされたSuicaで決済しないといけないため、Apple Payで支払うとここまでのポイントは付与されません。

ビックカメラで購入する際だけ、Apple Payは控えて「ビックカメラSuicaカード」内のSuicaで決済するようにすれば解決ですね!

まとめ

  • 1.5%もポイント還元される
  • ビックカメラで使う場合はカード自体のSuicaで決済しよう
  • 年会費は使い続けていればかからない

楽天カードなどのクレジットカードでも1%までのものばかりですが、この「ビックカメラSuicaカード」は1.5%も還元されます。

とくにSuicaは通勤などで日常的に使われる方も多いと思うので、ポイント還元率は少しでも多いほうが断然お得です。

ルック
年会費も1回でも使えば無料になるので、Apple PayでSuicaを使うなら「ビックカメラSuicaカード」で決まり!
ビックカメラSuicaカード

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!