【iPad】「Apple Books」と「Kindle」利用するならどっち?徹底比較【電子書籍】

iPhone・iPad・Macで電子書籍を読む場合、標準で用意されている「iBooks (Apple Books)」でも読むこともできますし、他会社のサービスを利用しても読むことができます。

今回は、Apple純正の電子書籍「Apple Books」と、電子書籍サービスで最もシェア率が高いAmazonの「Kindle」、どっちを使ったらいいのかを徹底解説したいと思います。

「Apple Books (iBooks)」の特徴

  • Appleアカウントで購入できる
  • シンプルなデザインで本を探しやすい
  • iPhone・iPad・Macで利用できる
  • ファミリー共有で家族で本を共有できる
  • 割引セールがある

Apple純正の電子書籍「iBooks (Apple Books)」です。

iPhone・iPad・Mac・iPod touchといったApple製品で利用できます。

Appleらしいシンプルでスッキリとした画面で、本が探しやすいのが特徴です。

またAppleのアカウントで本を購入できるので、App Storeと同じようにiTunesカードでも購入ができます。

そして「ファミリー共有」により、家族が購入した本をファミリー共有で設定している家族で共有して楽しむこともできます。
ただ、自分の購入履歴が全部見られてしまうので、見られたくない本を購入する場合は注意…!

「Kindle」の特徴

  • Apple製品以外の端末でも利用できる
  • 本の種類が豊富
  • 読み放題「Kindle Unlimited」も選べる
  • 電子書籍シェア率No.1
  • レビュー数が多くて、評判がわかりやすい
  • 割引セールが頻繁にある

Amazonが運営する電子書籍サービス「Kindle」は、電子書籍サービスの中で最も高いシェア率を誇ります。

Apple製品以外の、Windowsや、Android、Kindle専用端末などからでも利用できるので、好きな端末から利用できます。

また書籍の種類が豊富なだけでなく、割引セールも頻繁に行われているので、紙の本よりも安く入手できるのがポイント!

「iBooks」よりも「Kindle」が断然おすすめの理由

①Apple製品以外の端末からでも利用できる

Apple製品で統一していれば「iBooks」でも「kindle」でもどちらでも変わらずに読めますが、今後もApple製品だけを使い続けるとは限りませんよね。

「Apple Books」はApple以外のスマートフォン、タブレットでは読めないので、Apple以外の端末に変えてしまった場合はせっかく買い揃えた本が読めなくなってしまいます。

また「Kindle」ではAndroidやWindowsでも読めるだけなく、「Kindle Paperwhite」という本物の紙のような読み心地の「E Inkスクリーン」を採用したデバイスでも利用できます。

とても目に優しいディスプレイなので、長時間読書する方なら「Kindle Paperwhite」が使える「Kindle」が優位です。

②電子書籍シェア率No.1の安心感

電子書籍は多くの会社が参入しましたが、撤退する会社も珍しくありません。

そして怖いのが、サービスが終了してしまうと、これまで購入した電子書籍が最悪の場合読めなくなってしまう可能性もあるんです。

そのことから少しでも有名な会社の電子書籍サービスを選択する必要があります。

「Kindle」はあの有名な通販会社「Amazon」がやっているサービスということもあり安心感ありますし、電子書籍も「Kindle」が最も高いシェア率を誇るんです。

そのため、今後サービスが終了する可能性も限りなく低いと考えられます。

安心感があるのはやはり大事ですね。

③セールが半端ない

Kindleはセールが頻繁にあり、流行の本が半額やそれ以下の値段で買えることも珍しくありません!

「iBooks」にもセールや値下げもありますが、「Kindle」のほうが圧倒的にセール数が多く感じますし、出版社のセールでその出版社の本が丸ごと安く販売されることもあります。

他にも「Kindle日替わりセール」や「Kindleまとめ買いセール」も常時行われているので、お得に読書できます。

④レビュー件数が多くて、評判がわかりやすい

Amazonの商品もそうですが、レビューされる方が大勢いるため、買おうとしている評価がわかりやすいですよね。

「Kindle」も同じくレビュー件数が多いので、その書籍の評価が一目でわかります。

評価に振り回されるのもあまりよくはありませんが、人気書籍もわかりやすいので、買うときの参考になります。

⑤読み放題の「Kindle Unlimited」が選べる


月額980円で、指定の電子書籍が読み放題になるサービス「Kindle Unlimitedもあります。

漫画本2冊くらいの料金で、書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上が全て自由に読めちゃうものすごいサービスです。

月額費以上の価格の本もゴロゴロ転がっているので、読書好きなら損することはまずないです。というか2、3冊で世湯で元が取れます…!

僕も利用していますが、あまりの本の多さに時間が足りなくなって逆に困っています(笑)

まとめ

  • 「Apple Books」はApple製品でしか利用できないので注意
  • 「Kindle」はシェア率No.1で、本の種類も豊富
  • 「Kindle」はセールが頻繁にあり、お得に本を購入できる

総合的に見て、おすすめなのはやはり「Kindle」です。

Apple製品だけを使うのであれば「Apple Books」もいいのですが、今後Apple製品以外を使う可能性は0ではないはず。

そうなると、その端末では購入した本は読めません。

反対に「Kindle」なら好きな端末で利用できるので、今後Apple製品以外に買い替えた場合でも読むことができます。

ルック
本の豊富さと、セールで安く本が買えることを考えると、Kindleのほうがおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!