「AirPods」をなくしたときの探し方と、片側だけ購入する方法

「AirPods」はワイヤレスイヤフォンで使い勝手も素晴らしいデバイスなのですが、コードがなく、とても小型のため、なくしてしまいやすいというリスクがあります。

今回は万が一「AirPods」をなくしてしまったという場合に、探し方と、どうしても見つからないときになくしたものだけ単体で購入する方法を紹介します。

「iPhoneを探す」で位置を検索


iPhoneやiPadには「iPhoneを探す」という、自分の使っているデバイスの位置を調べられる機能があります。

そして上記のデバイスだけでなく、「AirPods」の位置も調べることができるんです。

パソコンからブラウザ版の「iCloud.com」にアクセスすることでも位置を見ることができます。

iPhone、iPad、iPod touch の場合

  1. 「iPhone を探す」アプリをインストールする。
  2. 「iPhone を探す」アプリを開く。
  3. Apple ID とパスワードでサインインする。
  4. AirPods をタップする。

コンピュータの場合

  1. iCloud.com にアクセスする。
  2. Apple ID でサインインする。
  3. 「iPhone を探す」を開く。
  4. 「すべてのデバイス」をクリックし、AirPods をクリックします。
灰色の丸印が表示される場合は「AirPods」の電源が切れているか、バッテリーが切れているか、AirPods専用ケースに入っているか、通信範囲の外にある状態です。
現在位置が正確に表示されず、最後に確認された位置が表示されます。

AirPodsが近くにあれば、サウンドを鳴らすことができる


「iPhoneを探す」でだいたいの場所がわかったら、その場所へ向かいましょう。

すぐに見つけられればいいのですが、AirPodsはとても小さいので、見つけ出すのも大変ですよね…

そんなときに便利なのが、AirPodsからサウンド音を鳴らせる機能があります。

そんなに大きな音が出るわけではありませんが、すぐ近くにあれば聞こえるくらいの音量で鳴ります。

AirPodsからサウンドを鳴らす手順

  1. 「iPhoneを探す」を起動して、ログインする
  2. 「AirPods」→「アクション」→「サウンドを再生」の順に選択する。
  3. AirPods が左右別々になっている場合は、「消音:左」または「消音:右」を選択して、一度に 1 つずつ探す。
  4. AirPods が見つかったら、「再生停止」をタップまたはクリックする。

それでも見つからない場合、単体で購入することもできる

残念ながらどうしても見つからない場合は、諦めて再購入するか、Appleのサポートで、なくしたほうのAirPodsだけ単体で購入することができます。

AirPods の修理/交換料金

モデル バッテリーサービス 保証対象外修理サービス料金 紛失
AirPods 5,800 円 (片方) 7,800 円 (片方) 7,800 円 (片方)
充電ケース 5,800 円 7,800 円 7,800 円

片方7,800円とそれなりの料金ですが、新たに購入するよりは財布に優しいです。

購入は以下のAppleサポートサイトより申し込めます。

Apple – サポート – 製品の選択

まとめ

  • 「iPhoneを探す」で位置を調べる
  • 近くに行っても見つからない場合は、サウンドを鳴らす
  • どうしても見つからない場合は、サポートから片側だけを購入できる

AirPodsをなくしてしまっても、見つけられる可能性は十分にあります。

AirPodsを耳に装着した状態で落とした状態なら、最後に落とした場所が地図に表示される可能性があるので、その場所に行って探してみましょう。
AirPodsからサウンドを鳴せる状態であれば、見つけられる可能性がぐんと上がります。

また耳から落ちやすいという方は、AirPods専用のアクセサリーを利用すると耳から落ちにくくなります。

(Via・Image:AirPods をなくした場合 – Apple サポート

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。フォローしていただけると励みになります!