【レビュー】「AirPods」を1年使った感想!一度使うと手放せなくなる!?

街の中を歩いていると、使っている人をちらほら見かけるようになった「AirPods」

「耳からうどん」とネットでは話題になって、僕も最初はデザインがあまり好きになれず、食わず嫌いをしていました。

ところが実際に使ってみると、手放せなくなるくらいの魅力が詰まっていて、発売日に買わなかったのを後悔するくらい素晴らしいくらい革命的なアイテムだったんです。

今回は、AirPodsを購入して1年が経ったので、じっくり使ってのレビューをまとめたいと思います。

よかった点

① 完全ワイヤレスなのは快適すぎる

AirPods
これまでワイヤレスイヤフォンを使ったこと自体なかったので、初めてAirPodsを使ったときは感動しました。

ワイヤレスレスなのでコードが絡まることもありませんし、どんな姿勢でもコードを引っ掛け心配がないので、どんなシーンでも気楽に使えます。

ジョギングするときに使ったら、コードがブラブラすることもなく、コードが腕が引っかからなくて非常に快適に走ることができした。

② ワイヤレスなのに音質がいい&遅延もほとんどなし

一昔前のワイヤレスイヤフォンといえば、あまり音質がいいとは言えませんてしたよね。

AirPodsもワイヤレスイヤフォンなので少し心配でしたが、実際に使ってみるとそんな心配は一切いりませんでした。

AirPodsは普通に音質が良く、高温も低音もバランス良く奏でてくれます。

カナル型のイヤフォンと比べると遮音性が低いので、低音は負けますが、高温とのバランスがとても絶妙で、聴き疲れしにくい誰でも聴きやすいイヤフォンではないでしょうか。

iPhoneに付属するイヤフォン「EarPods」に、音質も、着け心地も近いと思います。

もしかしたらオーディオに拘る方には物足りなく感じるかもしれませんが、僕には十分満足のいく音質でした。

またワイヤレスイヤフォン・ヘッドフォンによくある遅延ですが、動画での音ずれやゲームでの違和感をはほとんど感じられませんでした。

③ 外の音が聞こえやすくて安全

先ほどカナル型のイヤフォンよりも遮音性が低いと書きましたが、AirPodsには遮音性がほとんどありません。

しかしAirPodsなら、音量を上げすぎなければ、周りの音が普通に聞こえるので、後ろから自動車や自転車が来ても気付けやすいので、カナル型よりも安全性が高いです。

誰かに話しかけられたときも安心です。

④ バッテリー持ちがいい

AirPods
  • 1 回の充電で最大5時間の再生、または2時間の連続通話が可能
  • ケースで何度か充電しながらであれば、24時間以上の再生、または最大11時間の連続通話が可能
  • AirPods をケースに入れて15分間充電するだけで、最大3時間の再生、または 1 時間以上の連続通話が可能

AirPodsのバッテリー仕様は上記の通りで、ワイヤレスイヤフォンの中でもかなりバッテリーの持ちがいいんです。

ワイヤレスだからと「バッテリー切れが大変そう」という声も聞きますが、1回の充電で最大5時間再生できます。

さらにケース自体がモバイルバッテリーみたいになっているので、ケースに収納するだけでケースのバッテリーからAirPodsへ充電されます。

ケースに何度か入れて充電することで、最大24時間も使えますし、そもそも5時間以上も再生しぱなっしということはそうそうありません。

実際に1年使ってみて、バッテリーが切れたということは一度もありませんし、バッテリーをほとんど意識せずに使うことができます。

AirPods
またケースの充電は、Lightningコネクタなので、iPhone・iPadの充電器で充電できます。
旅行のときも新たに充電器を持つ必要がないので、荷物が増えません。

⑤ 耳に着脱するだけで、電源のオンオフができる

AirPods
AirPodsには多数のセンサーが内蔵されているので、耳に装着の有無を自動で判断してくれます。

そのため、耳に装着すると自動で電源が入り、耳から外すとスタンバイ状態に切り替わります。

これまでのBluetoothイヤフォンだと、電源を入れたりという作業が必要でしたが、AirPodsは電源ボタンやスイッチのことは一切気にする必要がなく、めちゃくちゃ楽です。

また音楽再生中に、耳から取り外すと、自動で音楽が停止され、また耳に戻すと、再び再生してくれます。

⑥ Apple製品とのペアリング、切替えがすごい楽

AirPods
AirPodsは、すべてのApple製デバイスと自動的に接続できます。
「iPhone」「iPad」「Apple Watch」「Mac」「Apple TV」に対応し、オーディオをデバイスの間で瞬時に切り替えられます。

ペアリングも非常に簡単で、iPhoneの近くでAirPodsの蓋をパカッと開くと、iPhoneに「接続」ボタンが表示され、それを押すだけで使用できるようになります。

ペアリングを1度済ませてしまえば、次からはAirPodsを耳に装着するだけで聴けます。

微妙な点

① 着用には勇気がいるデザイン

AirPods
やはり、白色のAirPodsは耳に装着させると結構目立ち、ネットでは「耳からうどん」と酷評されています。

最近では、街の中を歩いていると、AirPodsを着けている人をそこそこ見かけるようになってきましたが、外で装着させるにはまだまだ勇気がいりますね…

髪の長い女性だと、ヘアースタイルで隠すことができるのが羨ましい。

またブラックやシルバーなどのカラーバリエーションがあったら、もう少し目立ちにくくできるかもしれません。

② ケースがツルツルで落としやすい

AirPods
AirPodsのケースは丸く、ツルツルしているので、結構手から滑り落としてしまうことがありました。

滑りやすく、白色ということもあって、まるで石鹸のような(笑)

シリコン製のケースも販売されているので、落下防止、傷を付けたくない方は使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

AirPods
  • 完全コードレスイヤフォンはノンストレス
  • 音質は普通にいい
  • バッテリー持ちもいい
  • Apple製品との連動がすごすぎる

AirPodsを1年使った感想をまとめてみましたが、いい点ばかりで、悪いことが「見た目」と「ケースが滑りやすい」ことくらいしか見つかりませんでした。

これまでは家の中ではイヤフォンを使うことはほとんどなかったのですが、AirPodsはワイヤレスでコードを意識する必要が一切なく、周りの音も聞こえるので、家の中でも頻繁に使うようになりました。

ジョギングのときもとても快適ですし、AirPodsはこれまでのイヤフォンの常識を変えたように思います。

AirPodsは使ってみるとビックリするくらい使い勝手がいいので、少しでも興味のある方いましたら、ぜひ使ってみてください。値段以上の価値は絶対あります。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!