【AirPods】第1世代と第2世代が混ざってわからなくなった場合の対処方法

AirPods(第2世代)が登場しましたが、ワイヤレス充電の対応や、W1からH1チップになったことで接続速度の高速化、遅延の減少などの性能のパワーアップが行われました。

しかし見た目はほとんど変わりません。

ワイヤレス充電ケース(Wireless Charging Case)はLEDインジケータがケース前面に移動したり、背面のリセットボタンの位置が変わってはいますが、AirPods本体の見た目は第1世代のものとまったく同じです。

ラコタ
見た目が一緒となると、混ざってしまうのが怖い…

第1世代と第2世代を混ぜてケースに入れるとメッセージが表示される!


試しに充電ケースの中に、左側に第2世代、右側に第1世代をそれぞれ世代の違うAirPodsを混ぜ入れてみます。

すると、iPhoneに「AirPodsの世代の不一致」というメッセージ現れ動作しませんでした。

ですが、それぞれのAirPodsがどの世代のものなのか表示されます。

ラコタ
これなら間違えてしまうこともありませんね!

どの世代かわからなくなったときの対処方法はこれを利用しよう


例えば、第2世代を使うはずが、間違えて第1世代のAirPodsを左右揃えて入れてしまった場合は普通に動作してしまいます。

その場合は、あえてバラバラのAirPodsを充電ケースに入れて「AirPodsの世代の不一致」のメッセージに世代を表示させることで、どのAirPodsがどの世代なのかiPhoneに表示されるので確認できます。

色々な組み合わせで入れながら、色付きのシールを貼ったりすることで判断できると思います!

まとめ

  • 左右で世代の違うAirPodsは動作しない
  • 左右に世代の違うAirPodsを入れることで、どの世代なのか判断できる

第2世代のAirPodsを買ったときに、デザインがまったく一緒で混ざるのを恐れていましたが、左右世代の違うAirPodsは動作しませんし、そのときにどの世代のAIrPodsなのか表示してくれるので、混ざることは防げそうです。

ただし左右の世代が揃っていると普通に動作してしまうので、あえて違う世代のAirPodsを入れるなどして判断しましょう。

ラコタ
予め小さいステッカーなどを貼って見分けが付くようにするのもおすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!