【AirPods】ファームウェアバージョンの確認方法・アップデート手順を解説

iPhoneや、iPad、Macと同じようにAirPodsにも、ファームウェアバージョンがあり、アップデートすることもできるんです。

今回はAirPodsのファームウェアのバージョンの確認方法、アップデートする方法をまとめてみました!

AirPodsのファームウェアバージョンの確認方法


まず充電ケースの中にAirPodsを収納して、蓋を開けた状態にします。

ペアリングさせたiPhoneなどの機器の近くにAirPodsがある状態じゃないと確認できません。

iPhone 設定
iPhoneで「設定」アプリを開きます。


「一般」を選択します。


「情報」を選択します。


「AirPods」を選択します。

AirPodsとのペアリングをしていて、かつ充電ケースが開いた状態じゃないとこの項目は表示されません。


するとペアリングさせているAirpodsの情報が表示されます。

その中の「ファームウェアのバージョン」の右側に書かれた番号が現在のAirPodsのバージョンです。

AirPodsのファームウェアアップデート方法

AirPodsのファームウェアの更新は、iPhoneやiPad、Macとはやり方が違います。
手動で更新することはできず、条件が整ったときに自動で更新されます。

  • iPhone(iPad)とペアリングされていてAirPodsの近くにある
  • AirPodsがケースに収納されていて電源に接続されている

上記の条件が整ったときに自動的にアップデートされます。

僕はAirPodsのバージョンについてあまり意識したことがありませんでしたが、第1世代、第2世代どちらも最新バージョンとなっていたので、自動でアップデートされていたみたいです。

まとめ

  • ファームウェアバージョンはiPhone、iPadの設定から確認できる
  • アップデートは条件が揃ったときに自動で行われる

以上、AirPodsのファームウェアのバージョン確認方法と、アップデートする方法でした。

基本的にはAirPodsを充電するときに、ペアリングしているiPhone、iPadが近くにあれば自動で最新バージョンにアップデートされるので、普段はそこまで意識する必要はないと思います。

ラコタ
自分の使っているAirPodsの今のバージョンが気になる場合や、調子が悪いときに確認してみましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!