【簡単】AirPodsで電話(通話)に出る方法・かける方法

「AirPods」は音楽を聴くだけでなく、マイクが備わっているので通話もできます。

今回はiPhoneを操作せずにAirPodsだけで電話に出る方法・発信する方法を紹介します。

AirPodsで電話に出る方法


AirPodsを耳にはめているときに着信がきたら、iPhoneのボタンを押さなくても電話に出ることができます。

着信がきたら、AirPodsを軽く指でポンポンとダブルタップすると電話に出れます。(左右どちらでもOK)

通話を終了するときも同じく、AirPodsをダブルタップすると終了できます。

AirPodsで電話をかける方法


電話をかけるといっても、「AirPodsには画面もボタンもないのにどうやってかけるの?」と疑問に思いますよね。

AirPodsで電話をかけるには「Siri」を利用することでできます。

  1. AirPodsをダブルタップして「Siri」を起動させる
  2. Siriに「●●さんに電話をかけて」と伝える
  3. 通話を終了させるときは、AirPodsをダブルタップする

手順は上記の通りです。

ラコタ
慣れればiPhoneでかけようとするよりも手早く電話をかけれます

まとめ

  • AirPodsをダブルタップすると電話に応答できる
  • 電話をかける場合はSiriに頼む

AirPodsはコードレスなので音楽を聴くだけでも快適ですが、電話機能もすごく便利です。

両手が空いた状態で電話できるので、電話をしながら他の作業をすることもできますし、ハンズフリーのように周りの相手の声が漏れません。

発着信もダブルタップで簡単にできるので、音楽はあまり聴かないけど、電話が多いという方にもおすすめです!


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!