新型AirPods(第2世代)と初代(第1世代)の違いまとめ!買い替える意味はある?

2019年3月、ついに新型「AirPods (第2世代)」が登場しました!

見た目は変わらないものの、ワイヤレス充電に対応したり、性能が向上したりと初代モデルよりもかなり進化しています。

今回は、初代AirPodsと新型「AirPods (第2世代)」との進化したところや価格をまとめてみたので紹介します!

ワイヤレス充電に対応(ワイヤレス充電ケース付属モデルのみ)

充電ケースが、前々から噂されていたワイヤレス充電に対応しました。

そのためAirPodsをケースに収納した状態で、対応したQi対応の充電マットに置くとワイヤレスで充電できます。

充電マットが手元にない時は、従来通りLightningポートを使って充電できます。

後日登場すると言われている「AirPower」を使って、iPhoneと同時にワイヤレスで充電することもできるようです。

ワイヤレス充電できるモデルと、できないモデルが選べる


新型「AirPods (第2世代)」は、「AirPods with Wireless Charging Case」と「AirPods with Charging Case」の2種類が販売されていますが、ワイヤレス充電ができるのは「AirPods with Wireless Charging Case」で、「AirPods with Charging Case」はLightningケーブルでの充電にしか対応していません。

またワイヤレス充電ケースは単体でも販売されていて、「Wireless Charging Case」を購入して収納することで、「AirPods with Charging Case」のAirPodsや、「初代AirPods(第1世代)」のAirPodsでもワイヤレス充電に対応させることができます。

ワイヤレス充電ケースは、LEDインジケータが前面に移動して見やすくなっています。

「Hey Siri」に対応

これまでのAirPodsでもパーソナルアシスタント「Siri」を使うことはできましたが、耳に装着したAirPodsを指でダブルタップをしてSiriを起動させる必要がありました。

そして新型「AirPods (第2世代)」では「Hey Siri」に対応したので、iPhoneと同じように「Hey Siri!」と言うだけでSiriが起動し、質問したりすることができるようになりました。

ラコタ
これまで通りダブルタップでの起動もできますが、手が塞がっているときに重宝しそう!

「W1チップ」から「H1チップ」に進化


これまでAirPodsはW1チップを搭載していましたが、新型「AirPods(第2世代)」では新しく「H1チップ」に進化しています。

これにより様々な性能が向上しています!

デバイスとの接続、デバイスの切り替えが高速化

新型「AirPods(第2世代)」は初代モデルよりもデバイスの接続切り替えが最大2倍高速になり、電話の通話への接続は1.5倍高速になっています。

これまでは装着して接続までに少し待たされましたが、新型ではその時間が短縮して、より快適に使えそうです。

レイテンシ(遅延)が低減

H1チップに変わったことで、ゲームでのレイテンシが最大30パーセント低減したと書かれています。

初代AirPodsもワイヤレスイヤフォンの中では遅延が少ないと好評でしたが、第2世代ではより遅延が少なくなり、ゲームや動画がより快適に楽しめそうです。

電池持ちが伸びた

AirPods (第2世代) AirPods (第1世代)
AirPods + 充電ケース 24時間以上の再生時間、
最大18時間の連続通話時間
24時間以上の再生時間、
最大11時間の連続通話時間
AirPods(1回の充電) 最大5時間の再生時間、
最大3時間の連続通話時間
最大5時間の再生時間、
最大2時間の連続通話時間
充電ケースで15分充電 最大3時間の再生時間、
最大2時間の連続通話時間
最大3時間の再生時間、
最大1時間の連続通話時間

音楽などの再生時間については変わりないのですが、AirPodsを利用した通話時間が第1世代よりも1.5倍~2倍くらい伸びています。

H1チップになったことで、通話による消費電力が抑えられたのかもしれませんね。

ラコタ
AirPodsで通話することが多い方は新型がいいですね!

価格一覧

AirPods (第1世代) AirPods (第2世代) AirPods with Wireless Charging Case (第2世代) Wireless Charging Case (単体)
16,800円 17,800円 22,800円 8,800円

価格はAirPods(第1世代)が16,800円だったのに対し、AirPods (第2世代)ではワイヤレス充電非対応モデルで1,000円の値上がりの17,800円。

ワイヤレス充電対応モデルが、そこからさらに5,000円高い22,800円となっています。

またワイヤレス充電ケースは単体で購入することができ、8,800円で購入することができます。

まとめ

  • ワイヤレス充電に対応した(非対応モデルもあり)
  • H1チップにより、接続速度、遅延、電池持ち性能が向上
  • 価格はワイヤレス充電非対応モデルで1,000円の値上がり
  • デザインは変更なし

ついに新型のAirPodsが登場しました!

ブラックカラーのモデルや、防水、心拍センサーなどが追加される噂もありましたが、第2世代ではワイヤレス充電対応と、チップ変更による性能の向上のみでした。

第1世代から買い替える必要性はそこまでないかもしれませんが、頻繁に使う方でレスポンスを気にされる方や、ワイヤレス充電で簡単に充電したい方は買い替えても損はないと思います!

また初代の発売から2年くらいが経ち、バッテリーの持ちが悪くなってきたという声も聞くようになってきたので、長く使ってきた方の買い替えにもちょうどいいタイミングだとも思います。

ラコタ
AirPodsが大好きすぎる僕は、性能が向上してるという情報を見て即ポチりました!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!