【レビュー】「iPhone XS エアージャケット ラバーブラック」付けているのを忘れそうになる最薄のケース

超軽量、薄いケースでケースの装着感を最小限に抑えられると有名なパワーサポートの「エアージャケット」ですが、僕も昔はよく使っていました。

今回、iPhone XS用のエアージャケットが登場したので、久しぶりに購入してレビューしようと思います!

Air Jacket for iPhone XS (Rubber Black)

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
最も薄く、最も軽く、最もフィットするケースとも書かれたケースで、昔から軽量ケースの代名詞と言ってもいいくらい有名なケースです。

カラーは「クリア」「クリアブラック」「ラバーブラック」「ラバーグレー」の4色あります。

「クリア」「クリアブラック」は透明で、「ラバーブラック」「ラバーグレー」は不透明ですが表面に滑りにくいラバー(ゴム)を施してあって持ちやすいのが特徴です。

僕はケース選びでは持ちやすさも重視しているので、今回「ラバーブラック」を選んでみました。

あと昔は画面保護フィルムも付属していたのですが、今はケースのみとなっているようです。

ケース外観

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
ラバーブラックなので艶のない黒いケース。

ちなみにクリア色のものは、透明度の高い特殊マイクロドット加工が施され、背面ガラスとクリアなケースが密着してしまうことによって起こる虹模様対策もされているそうです。

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
薄く軽量なケースなので、本体と並べてみても大きさがほとんど変わりません。

めちゃくちゃ軽量

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
ケースのみの重さを量ってみると15g

ラコタ
軽っ!

手で持っても全く重さを感じない…

iPhone XSの本体重量が174gなので、エアージャケットを装着させても1割も増えません。


比較用に、さっきまで装着していたレイアウトのケースを量ってみるとこちらは18g

このケースでも軽量なほうに部類されるケースですが、それよりも3gも軽いとは…!

装着は意外とすんなり

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
エアージャケットは、薄くてフィット感を重視しているケースなので、装着は他のケースよりも少し大変です。

装着方法はパッケージ裏に書かれていて、その通りにやる必要があるのですが、説明通りにやったら意外とすんなり装着できました。

また外すときの手順も書かれているので、外す場合もその通りに行いましょう。

手順通りに行わないとケースが破損する可能性があるかもしれないので注意です。

装着完了!

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
エアージャケット iPhone XS ラバーブラック

ケースを装着していないかと思うくらいコンパクト

久しぶりにエアージャケットを使ってみましたが、

ラコタ
こんなに薄かったっけ!?

と思うほど薄くて驚きました。

その薄さはケースを装着したことを忘れそうになるほど!

ケースを付けるのが苦手な方、裸派の方でも、エアージャケットならそんなに気にならないと思います。

精度が完璧

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
さすがはパワーサポートのエアージャケット!

フィット感、穴の精度など完璧と言えるくらいしっかり作られています。

iPhone XとiPhone XSは一見まったく同じ形状にも見えますが、よく見るとスピーカーの穴の数が違ったり、カメラのサイズがほんの少し異なるんです。

そしてこのエアージャケットは、iPhone XS専用のエアージャケットなので、iPhone XSのスピーカー穴に合わせて作られていますし、カメラの位置もバッチリです。

ラコタ
装着感もバッチリで、バリもなく、穴の位置も気持ちいいほどピッタリ!完成度高すぎるよ!

ボタンも押しやすい

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
スリープボタン、音量ボタンの部分は切り抜かれていてますが、ケースの厚さが薄いため、押しにくくなるということは全くありませんでした。

また分厚いケースだとサイレントスイッチが遠くなってしまい、押しにくくなってしまうことがありますが、サイレントスイッチも楽々切り替えられます。

カメラ部分も保護される

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
最近のiPhoneのカメラは本体よりでっぱっていますが、エアージャケットのカメラ部分はカメラより高く設計されているので、カメラ側を下にして机に置いても、カメラが触れないようになっています。

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
またiPhone XとiPhone XSは、カメラのサイズが若干違うため、iPhone X用のものはiPhone XSには装着できません。

これはiPhone XS専用のエアージャケットなので、カメラの位置も完璧です。

ラバー素材は滑りにくくて持ちやすい

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
僕が購入したのは、クリアではなく表面に滑りにくいゴム素材を施したラバーブラック。

エアージャケットを購入する際に「クリアブラック」と「ラバーブラック」で迷ったのですが、「ラバーブラック」にして大正解でした!

ラバー素材のお陰で、持ったときに全く滑らずiPhoneの持ちやすさが格段に向上するんです。

不透明なのでAppleのロゴや、美しい本体は隠れてしまいますが、片手でも安定して持てるようになったのでかなり気に入っています。

ラコタ
ケースの薄さとラバー素材の相性の良さ抜群です

フルカバーのガラスフィルムでも干渉しない

エアージャケット iPhone XS ラバーブラック
僕は画面にフルカバータイプのガラスフィルムを貼っていますが、貼ったままでも全く干渉もなく装着できました。

ガラスフィルムは評判の良いOAprodaのガラスフィルムを貼っています。

まとめ

  • 装着しているのを忘れそうになるほど薄い
  • 精度が高く完成度が高い
  • ラバータイプは滑りにくくて持ちやすい
  • ケースが苦手な方におすすめ

久しぶりにエアージャケットを購入してみましたが、クオリティの高さ、装着しているのを忘れてしまいそうになる薄さ、ラバー素材の持ちやすさに感動してしまいました!

iPhone XSを購入してから、色々なケースをレビューしてきましたが、このエアージャケットで落ち着こうと思うほど気に入っています。

ラコタ
XS用だけでなく、XS Max用、XR用のエアージャケットも販売されています!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

Apple製品を愛してやまないアラサー男子。Apple製品、ガジェット品のレビュー、選び方、お得な情報を中心に配信しています。ラッコの貝殻のようにiPhoneが離せないのでラッコの姿をしています。フォローしていただけると励みになります!